国鉄・三河島事故


−経緯−

昭和37年5月3日午後9時37分頃、東京都荒川区の国鉄(現、JR東日本)常磐線・三河島駅−南千住駅間で、貨物専用線を走っていた下り蒸気機関車の機関士が赤信号を誤認し前部の機関車が脱線、隣の下り線路内に傾いて停止した。その2分前の9時35分、三河島駅を1分遅れで発車した上野駅発取手行きの下り電車が、傾いて停止している機関車を発見、急ブレーキをかけたが間に合わず電車の1両目が機関車に衝突し、上り線路内に脱線した。

このため、乗務員らは乗客に三河島駅へ歩いて引き返すよう誘導し、一部の乗客が線路内を歩きはじめた。そこへ同40分、南千住駅を発車した上野行き上り電車が脱線した下り電車に衝突、轟音とともに火花を散らして脱線。1両目は車体だけを残して大破、2,3,4両は5メートルのがけ下に落ち民家に突っ込んだ。下り電車の2,3両目も脱線、宙に浮いた。このため死者160人、重軽傷者325人をだす大惨事となった。

−原因−
事故は、機関車の機関士が赤信号を見落としたことが原因であったが、公判では安全対策が万全であれば二重衝突の事故は防げたのではないかが最大の争点となった。その結果、昭和45年東京地裁は「下り電車が衝突してから上り電車が現場にさしかかるまでの6分間で、二重衝突を防ぐことは期待できた」として、国鉄側に責任を求める判決を言い渡した。また当時の国鉄・常磐線は過密ダイヤであり、その安全に関する国鉄保安規定にあいまいさがあり、事故防護訓練が不足していたとも指摘した。

結局、昭和48年4月17日、最高裁は機関士ら4人を過失致死として実刑判決を下した。この事件をきっかけに職員の事故防護訓練、保安規定の徹底更に電車にはATS(列車自動停止装置)が取り付けられるようになった。現在の安全基準はこのような尊い犠牲の上に成り立っているのである。

画像
事故現場 機関士の赤信号誤認によって二重衝突が発生した。


ホーム

inserted by FC2 system