功明ちゃん誘拐殺人事件


−経緯−
昭和62年9月14日午後4時50分頃、群馬県高崎市の幼稚園児・荻原功明ちゃん(当時5歳)が「近くの神社に遊びに行く」と言って出かけたまま行方不明になった。心配した荻原さんの両親や近所の住民達が心当たりを捜したが功明ちゃんの行方は杳として分からなかった。

午後6時40分頃、荻原宅に男の声で「子供を預かっている。2000万円よこさなければ子供は殺す」と身代金目当ての脅迫電話があった。驚いた両親は警察に通報した。捜査班が荻原宅に着くと早速、逆探知の準備を整え次の身代金要求の電話にそなえた。

午後7時47分頃、2回目の電話があり同様に2000万円の身代金を要求する内容だった。同8時3分には功明ちゃん自ら電話に出て、父親の問いかけに「元気。これから帰るよ。おまわりさんと一緒」と言った。2回目と3回目の脅迫電話は、いずれも通話時間が短く逆探知は完全にはできなかった。

功明ちゃんが誘拐されてから2日後の16日午前7時50分に4回目の脅迫電話があった。やはり男の声で「今日夕方6時までに1000万円用意しろ」という内容だった。通話時間は27秒で逆探知はある程度可能な時間であったが、捜査班は逆探知体制を前日の15日に解除していたため犯人の居場所は特定できなかった。当時の逆探知には回線制限が必要で長期間の逆探知シフトは出来ない事情があった。

−戦後唯一の誘拐未解決事件に−
捜査班は犯人の要求通りに身代金の用意を始めた。その矢先、功明ちゃんの遺体が近くの川で発見された。司法解剖の結果、死因は窒息死で胃の中には何も無かった。このことから、犯人は14日の午後8時3分に功明ちゃんを電話に出した直後に生きたまま橋の上から投げ落としたものと推定された。

捜査班は、身代金の受け渡し場所を指定しなかったこと、翌日が敬老の日で金融機関が休業することなどを頭にいれず身代金を要求していることなどから、金銭目的ではなく荻原家に対する怨恨や変質者の犯行も視野に入れて捜査を開始した。また、功明ちゃんが「おまわりさんと一緒」と言ったことから当日に非番だった警察官も対象に捜査を行った。

だが、懸命の捜査も報われず犯人の行方は杳として掴めなかった。かろうじて逆探知で特定できたのは群馬県高崎市北西部地域で該当回線は1万本以上ということだけだった。平成14年に時効が成立した。

日本の身代金目的誘拐事件の解決率は97%という(犯罪統計白書)。一方、罪は重く殺害に至れば極刑は免れない。このため犯人には割が合わないリスクの高い犯罪といえるが、誘拐事件は本件以降も後を絶たない。功明ちゃん誘拐事件は戦後唯一の未解決誘拐殺人事件となってしまった。


ホーム

inserted by FC2 system