愛知・ドラム缶焼殺事件


−経緯−
平成12年4月4日午前0時30分頃、中古車販売業・川村幸也(当時36歳)と同従業員の野村哲也(当時30歳)は、約束手形(額面240万円)の回収ができないことに腹を立て、仕事仲間ら4人と共謀して手形の振出人である名古屋市千種区の喫茶店経営・深谷茂樹さん(当時56歳)を自宅前で待ち伏せした。

そうとは知らない深谷さんは、妻の洋子さん(当時64歳)と洋子さんの妹で勝子さん(当時59歳)を連れ立って帰宅したところを川村ら6人が襲撃した。深谷さんは、角材で殴られながらも隙を見て逃走したが、洋子さんと勝子さんが逃げ遅れた。川村らは、洋子さんら2人を拉致して計画通りに瀬戸市の山中へ車を走らせた。

暗闇の山中に着くと、事前に用意していた2つのドラム缶に洋子さんらを粘着テープでぐるぐる巻きにして押し込んだ。「助けて」と哀願する洋子さんに、川村らは「かわいそうに、関係あらへんのに。恨むなら旦那をうらめ」と不敵な言葉を発しながらガソリンを撒いて焼殺した。しかも、炭化した遺体をチェーンソーで粉々に切断して周囲に遺棄した。その後、洋子さんのバックから現金24000円余りを強奪して逃走した。

−動機−
事の発端は、野村が金融業を営んでいる父親から、深谷さんの振り出した約束手形の回収を任されたことにあった。そこで野村は川村に相談し、以前勤めていた運送会社の同僚だった牧田晃和(当時40歳)、佐藤光希(当時37歳)、白沢秀樹(当時45歳)、池田浩市(当時28歳)の4人に借金の取立てを命ずることにした。だが、深谷さんは一向に応じなかった。

焦った野村は深谷さんを殺害することを川村に持ちかけた。了承した川村は野村と2人で、牧田らに犯行に加わるように誘った。躊躇する4人に野村らは「4人に5000万円の生命保険を掛けている。断ったら殺し屋を仕向ける」と背後に暴力団がいることをちらつかせて犯行に加わるように仕立てた。

−死刑確定
深谷さんからの通報で、愛知県警は川村ら6人の行方を追った。間もなく牧田ら4人を逮捕した。その自供から4月10日、川村、野村を強盗傷害容疑で逮捕した。川村と野村は逮捕後の事情聴取で犯行を認めたが、川村は「自分は実行犯の1人に過ぎず、計画したのは野村である」と主張した。また、共犯の牧田らは「川村、野村に5000万円の生命保険を掛けられて、゛言うとおりにしないと殺す゛と殺害を強要された」として情状酌量を求めていた。

平成14年2月21日名古屋地裁は川村と野村に死刑を言い渡した。平成15年3月12日名古屋高裁は川村らの控訴を棄却。平成18年6月9日最高裁は2人の上告を棄却して死刑が確定した。判決の中で、裁判長は「女性2人をドラム缶に押し込んで生きたまま焼き殺したという殺害の態様は極めて冷酷、非情かつ残虐というほかない」と断じた。
尚、共犯の牧田、佐藤に無期懲役。白沢、池田に懲役12年が確定している(この2人は焼殺には加担していなかった)。

平成21年1月29日、名古屋拘置所で川村(享年44歳)と野村(享年39歳)の死刑執行。

ホーム

inserted by FC2 system