群馬・女子高生誘拐殺人事件


−経緯−
平成14年7月19日午後1時頃、群馬県大胡町の路上で元土木作業員の坂本正人(当時36歳)が同町に住む県立前橋東商業高校1年生の安田愛さん(当時16歳)に、道を教えて欲しいと声をかけて近寄り、無理やり車に乗せて誘拐した。

坂本は怯える愛さんを車に乗せたまま数時間連れ回し、群馬県宮城村の林道で愛さんの首を電気コードで締めて殺害した。その後、愛さんの財布から3000円を奪った後、、遺体を埋めて逃走した。

愛さんは、この日は学校の終業式で、午後に中学生時代の友達数人と集合し遊ぶ約束をしていた。学校から帰宅後、その集合場所に向かって歩いていたときに坂本に声をかけられた。これから楽しい夏休みで心躍っていた愛さんにとって最悪の事態となってしまった。一方、愛さんの両親は、夜になっても帰宅しないことに不安を抱き、愛さんの携帯に電話したが応答がなかった。

午後11時30分、坂本は愛さんの携帯電話を使って愛さんの母親に「娘を誘拐した。50万円用意しろ」と脅迫した。驚いた母親は、すぐ警察に通報した。警察は身代金目的の誘拐事件として緊急配備をするとともに坂本からかけてくる携帯電話の発信場所の探索を行った。

翌日の20日午後12時頃、愛さんの父親が指定された赤堀町内にある消火栓の上に現金20万円入りの茶封筒を置いた。周辺を捜査員が配置しているなか、坂本が車から降りて茶封筒を取り再び車に乗り込んだ。途中、赤信号で停止したところを尾行中の捜査員が坂本を取り押さえて緊急逮捕した。当初、坂本は複数の犯行だと供述していたが、23日になって「自分が殺して埋めた」と犯行を自供した。

−死刑確定−
坂本は、県立高校を中退してから親戚が経営する土建会社に勤めたが長続きせず退社。何事にも中途半端で飽きっぽい性格だった。また妻や娘に暴力を繰り返し平成11年6月には妻と娘が児童相談所に保護されていた。

無職の坂本に収入がある訳がなく、時々父親に金を無心しては1000円程度をもらっていたという。事件当時、消費者金融から200万円以上の借金があり返済に困窮していた。逮捕された時の所持金は200円だったという。

平成15年10月9日前橋地裁は坂本に無期懲役を言い渡した(検察側は死刑を求刑)。これを不服とした検察は高裁に上告。平成16年10月29日東京高裁は「動機は身勝手で殺害方法も残忍極まりない。親に身代金を要求する時も笑いながら話すなど卑劣極まりない」と厳しく指摘し一審の無期懲役を破棄して坂本に死刑を言い渡した。坂本は上告しなかったため死刑が確定した。

平成20年4月10日、東京拘置所で死刑執行。享年41歳。


ホーム

inserted by FC2 system