同級生連続殺人事件


−経緯−
平成元年8月9日午前1時30分頃、茨城県岩井市の農道で同市の建設業手伝い・間中博巳(当時21歳)は、自分の車にガソリンを撒いて放火した。その後、中学時代の同級生だった無職・富山政則さん(当時21歳)を市内の残土置き場に呼び出し、出刃包丁で殺害して遺体を埋めた。

間中はその後、富山さんの母親に「車を政則さんに燃やされた。弁償しろ」と脅迫した。更に、保険会社にも「車が放火された」と虚偽申請し約490万円余りを騙し取った。

この犯行でうまみを覚えた間中は、非行仲間の埼玉県川越市の無職・高山隆之を誘って、小・中学校の同級生だった岩井市の運転手・稲葉教之さん(当時21歳)の家族から金員を脅し取ることを計画した。同年9月13日午前4時過ぎ、間中は高山と共謀して、稲葉さん誘い出しワゴン車に監禁した。そのうえで、゛間中の車を放火するように富山さんに指示した゛という内容の証明書を書かせた。その後、車内で稲葉さんの首を絞めて殺害し廃棄物処理場に遺体を遺棄した。

殺害後、間中は稲葉さんの自宅に゛証明書を持参゛して、家族に「弁償しろ」と言って脅迫した。稲葉さんと富山さんの両親は、息子が行方不明になった直後に間中が現れて、「車を放火された」と同様の手口で脅迫していることから不審を抱いた。警察でも、これを重視して間中を事情聴取した。その結果、富山さん、稲葉さん2人の殺害を認める供述をしたため殺人と死体遺棄容疑で逮捕した。

間中は警察の事情聴取の中で、「遊ぶ金欲しさや高級車を買いたかった。同級生だった富山さん、稲葉さんを放火犯に仕立てて家族から金を脅し取ろうと思いつき殺害を計画した」と自供した。

−死刑判決−
間中は、検察側の取り調べ段階までは犯行を認める供述をしていたが、公判に入ると一転して犯行を否認し無罪を主張した。だが、平成6年7月7日茨木地裁下妻支部は「誘拐殺人にも相当する恐るべき犯行」として間中に死刑、共犯の高山には懲役12年を言い渡した。この判決は不服として両被告は控訴した。

2審の公判中、間中は「2件とも私が犯した事件です。高山被告は事件に関与していない」と述べ遺族に謝罪した。平成13年5月1日東京高裁は「高山被告は計画初期の段階から深く関与しており、その果たした役割は大きい」と高山の主張を全面的に退けた。また間中に対しては「犯行の計画性を極力否定するなど自己の責任を矮小化し反省の情が乏しい」と指摘し両被告の控訴を棄却して1審判決を支持した。間中は判決を不服として上告した。

平成17年1月27日最高裁は「金銭目的から悪質、非道な計画を1ヶ月余りの間に2回実行しており、情状酌量の余地はない」として上告を棄却。間中に死刑が確定した。

−切手シート−
1、2審で死刑判決を受け東京拘置所に拘置中の間中は、「切手シートが当ったお年玉年賀ハガキ2通を職員に預け賞品との交換を依頼した。だが、拘置所側は2通を紛失した」として損害賠償を求める訴訟をした。拘置所側は、間中に謝罪したうえで賞品と同じ切手シート2枚を渡したが間中は納得しなかった。

国側は「財産的損害はない」と主張したが、東京地裁は「読み返して精神的満足を得ることもあり得る。財産的価値はある」としたうえで、間中の請求どおり慰謝料2000円の支払いを認めた。自己私欲のために前途洋々の青年を殺害しておきながら、切手シートで訴訟を起こす間中の精神構造に疑問を抱かざるを得ない出来事だった。


ホーム

inserted by FC2 system