英国人ルーシーさん失踪事件


−経緯−
平成12年7月1日、英国人で元英国航空客室乗務員のルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)が男の電話で呼び出されてアパートを出た。夜になって同居している同じ英国人の友人に「これから海までドライブに行く。1時間で帰る」と携帯から電話してきたのを最後に行方不明となった。

2日後の3日、タカギ・アキラと名乗る男から友人に電話があった。それによると「ルーシーと私は一緒に千葉にいる。新興宗教の修行をしている」というものだった。不信を抱いた友人は翌日の4日、麻布警察署にルーシーさんの捜索願を届け出た。

金髪でスタイル抜群のルーシーさんは同年5月4日に女性の友人と来日した。この時の入国資格は観光目的で90日間の滞在許可を得ていた。2人でアパートを借りたルーシーさんは六本木のクラブでホステスのアルバイトをした。美人で人気のあるルーシーさんには食事の誘いが頻繁にあったため、1日の男からの電話も不信に思うことなくアパートを後にしたという。

警視庁捜査1課は麻布署に捜査本部を設置してルーシーさんの行方を追った。さらに英国からルーシーさんの父親や妹が来日し、有力情報者には約1600万円の懸賞金を出すと発表してマスコミも大騒ぎとなった。

捜査本部は懸命の捜査を続けたが、ルーシーさんの行方は杳として掴めなかった。失踪から3ヵ月後の10月になって麻布署長宛に一通の手紙が届いた。開封して中身を見るとワープロで作成した英文で、「借金は必ず返します。この手紙が着く頃には日本には居ないでしょう」などと書かれ、約100万円相当の外国紙幣が同封されていた。捜査本部は、犯人が事件をかく乱する目的と見て更に捜査を強化した。

−謎の容疑者−
捜査本部は六本木及び周辺のクラブやスナックなど飲食店を徹底的に捜査した。すると、金髪で大柄な白人女性を好んで誘い出しては暴行を繰り返している男の噂が浮上してきた。この男は名前を「ホンダ」、「イワタ」、「イワサキ」など複数の偽名を使っていたため特定が困難であったが、やがて織原城二(当時48歳)であることが判明した。

織原は昭和27年に大阪で韓国人の両親のもとに出生。本名は金聖鐘(キム・スンジョン)。彼の父親は極貧の中から忍耐と努力、錬金術でタクシー会社、パチンコ店、不動産などを手がけ巨大な資産を築いた。織原も贅沢でセレブな家庭の中で育ち、高校、大学は慶応に進学し在学中の3年間は米国に留学。このため英語力は抜群であったという。

この間、織原は父親の死去に伴い莫大な遺産を相続した。世田谷区田園調布のプール付きの豪邸は敷地330坪を始め、全国に20以上のリゾートマンション、別荘を持ち、車はロールスロイス、フェラーリ、ポルシェを乗り回す。昭和63年頃の肩書きは、自身の資産運用会社の社長で、実際に銀座の一等地に飲食店、貸しビルなどを所有していた。まさにバブル絶頂期の頃であった。

だが、バブルの崩壊とともに織原の借金は膨大となった。彼の総資産40億円に対して負債は80億円と2倍に膨らんでいた。だが、織原は相変わらず六本木に通い詰め、一軒で10万円以上の豪遊をしていた。

この頃から、金髪で大柄な美人ホステスを流暢な英語を使っては「ブランド品をプレゼントする」とか「一流の店で食事しよう」などと誘い出し、自分の所有しているマンションで薬を飲ませて暴行。この暴行シーンをビデオで撮って密かに楽しんでいたという。

−完全否認−
ルーシーさん失踪から3ヵ月後の10月12日、捜査本部はカナダ人女性への準強制ワイセツ容疑で織原を逮捕した。さらに英国人や日本人のホステスら10人に対して準婦女暴行傷害や致死容疑で逮捕。だが、織原は「同意を得ていた」と犯行を全面否認した。

翌年の平成13年2月9日、織原の所有する逗子のリゾートマンションから200メートルほど離れた海岸の洞窟から白骨化した女性の死体が発見された。解剖の結果、ルーシーさんであることが判明した。

同年4月6日、捜査本部は織原をルーシーさんに対する準婦女暴行致死、死体遺棄容疑で7度目の逮捕をした。決め手になったのは、織原がマンションの近所にあるホームセンターでセメントやチェーンソーを購入していた事実が判明したこと。これに対して織原は、ルーシーさんを逗子にあるリゾートマンションに誘った事は認めたが殺害に関しては一切否認した。

捜査本部は、織原がルーシーさんを暴行目的で逗子のリゾートマンションに誘い出し薬物で意識朦朧(もうろう)にさせたが、薬物中毒かその他の原因で死亡。そこで、遺体を隠蔽するためバラバラに切断して三崎町の海岸の洞窟に埋めたと見ている。

−公判−
平成19年4月24日、東京地裁は、起訴された10件の事件のうち9件については有罪と認め、織原に求刑通り無期懲役を言い渡した。しかし、ルーシーさんの事件については、「事件についての直接的な証拠は一切ない」と述べ、無罪とした。これに対して織原の弁護側は即日控訴し検察側も判決に不服として控訴した。


ホーム

inserted by FC2 system