大阪・警察官ネコババ事件


−経緯−
昭和63年2月6日午前11時40分前、大阪府堺市泉北槙塚台にあるスーパ「カネヒロ」でお客が落としたと思われる現金15万円入りの大和銀行の封筒を別の客が発見した。客は直ちに店員に事情を説明して封筒を手渡した。そこへ、スーパを経営している具足清治さん(当時39歳)の妻で同店の経理を担当しているみち子さん(当時36歳)が家事を終えて店内に入ってきた。

スーパは昼前で混んでいたこともあり、清治さんが「交番に届けてきてくれ」とみち子さんに言った。みち子さんは、10月に出産予定で妊娠中の身でありながら快く引き受けて、歩いて1分とかからない槙塚台派出所に歩いていった。普段は留守がちな派出所であったが、たまたま警察官が1人いたので、みち子さんは「15万円落ちていました」と届け出た。

すると、警察官は「あ、それやったら届が出ているわ。大和銀行の袋やね」と即答し薄茶色の紙に鉛筆でみち子さんの名前と年齢、電話番号だけ走り書きした。この時、拾得物の正式書類ではなかったのが気になったが、みち子さんは「これで落とし主も安心するわ」と安堵してスーパに戻った。普通なら、これで一件落着である。ところが、善良な一市民であり善意の届人であるみち子さんに、警察が組織をあげてデッチあげを始めるのであった。

−警察組織の恐怖−
ことの始まりは同月9日午前、スーパで封筒を発見した客が店員に「あのお金どうなりましたか」と尋ねた。店員はすっかり落とし主に戻っているものとばかり思っていたので驚いて清治さん、みち子さんへ報告した。

そこで、みち子さんは槙塚台派出所を管轄している堺南署に電話確認したところ、担当官から「届け出は受理していない」との回答だった。担当官は「今、派出所に(6日に)勤務していた警察官がいるから、そうっと見に行ってください」と言った。

そこで、具足夫妻が派出所に行くと2人の警察官がいた。1人は見覚えが無かったが、1人はヘルメットを着用したままなので明確ではないが「この方に似ている」と古参の警察官に告げた。このヘルメットを着用していた警察官がN巡査(当時31歳)であった。

同月12日午後1時過ぎ、堺南署の刑事で0巡査部長(当時36歳)が若い刑事と2人でみち子さんに事情を聞きたいと電話連絡があった。具足夫妻が槙塚台派出所に行くと奥の部屋に通された。O巡査部長はビニール袋に入っている封筒の切れ端を見せながら「お宅の店の敷地内から出てきたんや」、「奥さんが派出所に行った時は警察官は誰も居なかった」、「奥さんが封筒を持って帰ったのを見た人もいるんや。封筒を破って金とっとるところ見た人もいるんやで」などと言って嫌疑をみち子さんへなすりつけようとした。

さらに「あの巡査(注:N巡査のこと)も泣いて潔白を証明してくれと言うてる」。「大会社の社長夫人でも万引きするんやで。お宅も商売していたら税金ごまかしているやろ」などと言った。

同日午後5時過ぎ、今度はO巡査部長はスーパの向かいにあるみち子さんの実家へ押しかけて具足夫妻、みち子さんの父親、親族らと対峙した。双方の押し問答の最後にO巡査長は「今度来る時は逮捕状を持ってくる」と言って帰った。具足夫妻、親族に怒りと恐怖が走った。

この頃、堺南署はみち子さんがかかりつけの産婦人科病院に逮捕が可能か問い合わせをしている。みち子さんの出産を2度も立ち会っている医師は腹を立てて「近所でも明るくて評判のみち子さんが悪事をする訳がない」と抗議。それでも警察側は「身柄を拘束可能と診断書に記載してもらえないか」と要請した。

具足夫妻は恐怖した。次第にみち子さんは「いつ逮捕されるかわからない」とノイローゼ状態となった。

−読売新聞記者の活躍−
この経緯を知った読売新聞の記者は取材を開始。そして3月6日朝刊の社会面に本件を大きく取り上げた。これがきっかけとなり大阪府警が乗り出してきた。大阪府警は、本件捜査を堺南署に代わって大阪府警捜査2課が担当することを決定した。3月10日、捜査2課の刑事は改めて具足夫妻から事情を聴取した。

その結果、3月25日午後11時過ぎ大阪府警本部監察長が記者会見で「15万円の拾得届は確かに出ていた。受け付けしたN巡査が受理手続きを怠り、事実を隠していた。明日付けで懲戒免職処分に付し業務上横領容疑で書類を検察庁に送致する」と発表した。みち子さんの冤罪が晴れた瞬間だった。

−民事訴訟−
だが、みち子さんには堺南警察署長が電話で謝罪してきただけだった。具足夫妻は、O巡査部長が「封筒の切れ端がスーパの敷地から出てきた」、「みち子さんが封筒を破って金を取ったところを見た人がいる」などと言ったことが何ら解明されていないこと、みち子さんには逮捕すると凄んでいた警察が犯人が身内とわかると書類送検だけの甘い処置に釈然としないものを感じ、また二度と冤罪者を出してはいけないという思いから大阪府警を相手取り200万円の慰謝料請求の民事訴訟をおこした。

ところが大阪府警は最初から争う気はなく大阪地裁の第一回口頭弁論で「原告の請求に対して認諾します」と警察側の弁護士が述べて訴訟を終わらせてしまった。これ以上、捜査内容を公にしたくないという警察側の意思がはたらいた。

この頃、読売新聞では「おなかの赤ちゃんが助けてくれた」というタイトルで本件の経緯を22回にわたり掲載した。これにより、警察のデッチ上げが全国に知れ渡るとともに警察内部には甘い処置に抗議が殺到した。

N大阪府警本部長・・・減給100分の10
N大阪府警警務部長・・・減給100分の10
I堺南署長・・・引責辞職
T堺南署副署長・・・警務部付け
B警ら課長・・・警ら部付け
O巡査部長・・・引責辞職
N巡査・・・懲戒免職(平成元年4月7日起訴猶予)
その他
(注:役職は事件発生当時)

−事件の背景−
本件は、身内である警察官がネコババしたとあっては自分らの出世に影響すると考えたのかは推定の域を出ないが、読売新聞記者の取材では堺南署の署長と副署長及び警ら部長のラインで「みち子さんクロ」という筋書きを決定していた。そして、この筋書きで捜査を開始したのがO巡査部長であった。

彼は、引責辞職後に読売新聞記者に「警視である署長、副署長らは雲の上の人。この人達の命令となれば拒否はできない。みち子さんには本当に申し訳ないことをした」と話したという。

ごく普通の平凡な家庭。優しい夫、可愛い子供達に囲まれて日々の幸せを実感していた主婦に突然襲い掛かってくる冤罪、巨大組織の魔の手。殺人事件以上の戦慄と恐怖を覚える。


ホーム

inserted by FC2 system