小田原・一家5人殺害事件


−経緯−
昭和24年9月14日午前1時40分頃、神奈川県小田原市の銭湯経営・石川利八さん(当時45歳)宅に忍び込んだ元工員A(当時19歳)は利八さん、妻のよしさん(当時43歳)、利八さんの母親(当時81歳)、長女(当時19歳)を鉈でメッタ打ちにして、次女(当時7歳)と長男(当時4歳)には首を鋭利な包丁で刺して、重傷の長女を除く5人を殺害した。

Aは犯行後警察に自首してきた。警察はAを取り調べた結果、以下のような事実が判明した。
「Aは石川さん宅の隣家の2階に住んでいた。この頃、石川さんはAが自宅の部屋から度々銭湯を除き見していることを再三注意していたが、Aはその事実は無いとしていざこざが続いていた。そこで、石川さんは倉庫を高くして銭湯の窓を塞ぐ工事を行った。この行為にAは激怒し石川家に恨みを抱いた」というものだった。

Aは犯行前に鋭利な包丁を購入し毎夜研いでいたという。

−35年後の凶行−
昭和25年1月横浜地裁小田原支部はAに死刑を言い渡した。Aは控訴したものの後日になって控訴取り消しの手続きを行っていると知った、一審の判事は私人としてAに面会した。判事は「自分は死刑反対の立場だ。世論、事例など諸般から死刑判決となったが、控訴して闘って欲しい」と懇願。Aもこれに対して態度を翻し控訴を継続させた。

だが、二審は控訴棄却。昭和27年9月13日最高裁はAの上告を棄却して死刑が確定した。Aは当時東京拘置所に死刑執行の設備が無いことから仙台拘置所に移送され死刑執行を待つ身となった。

ところが、昭和27年4月に思いがけない事態が待っていた。それは講和条約での恩赦決定であった。死刑は無期懲役に減刑されたのだ(放火、強盗、強姦などが含む死刑確定囚は含まれない)。一審の判事の願いが通じたのであろうか。

Aは無期懲役囚として勤め上げ昭和45年3月に宮城刑務所から仮出所した。逮捕から21年振りで社会復帰したAは刑務所で覚えた印刷の技術を活かして、真面目でおとなしい印刷工として働いた。

それから14年後、事件から実に35年後の昭和59年7月9日Aは再び逮捕された。真面目な印刷工という評判から一転、凶悪犯となったのだ。

仮出所後、Aの1人住まいのアパートには家出少女や不良少女達の溜まり場になっていた。その内の1人で中学2年生の少女(当時13歳)に惚れたAは、少女と付き合っていた中学3年生の男子と別れさせようと口論。激怒したAは2人にナイフでメッタ刺しして、それぞれ2ヶ月と3週間の重傷を負わせたのだった。

裁判では懲役8年を言い渡されて再び刑務所に戻った。この時、Aは53歳になっていた。もし、この2人が死亡していたとすれば一審の判事の願い(私人としての)や恩赦のあり方にも一石を投じたのではないだろうか。


ホーム

inserted by FC2 system