ライフスペース事件


−経緯−
平成11年11月11日、千葉県成田市のホテル(13階建て)の従業員から成田警察署に「4ヶ月以上も宿泊している不審な集団がいる」と通報があった。

同日午後10時過ぎ、警察は不審な集団が宿泊している部屋を捜索した結果、ツインルームからミイラ化した男性の死体が発見された。この男性は兵庫県川西市の元会社員・小林晨一さん(当時66歳)で、傍にいた長男の健児(当時31歳)に事情を聴取したところ次のような内容だった。

父親は同年6月に脳卒中で倒れて入院。自分が所属している自己啓発セミナーの‘ライフスペース‘代表の高橋弘二(当時61歳)に相談したところ、「点滴は危険」とか「病院にモルモットにされるぞ」などと言われた。このため7月2日になって病院側に自分の信念に基づいて父親を治すと告げて一方的に父親を退院させ空路で同ホテルに移送したということだった。

ところが、成田のホテルに移送した翌日の7月3日、小林さんは痰を喉に詰まらせて窒息死した。たが、ライフスペースの高橋代表は「グルのシャクティパット(ヒンズー教のシバ神の力)で順調に回復していると健児や信徒に告げ、彼らも疑う事もなく儀式や祈りを続けていた。

警察は、致死事件として全容を解明するため捜査を開始したが、高橋代表は「小林さんは生きている」とあくまで主張し容疑を否認した。

―ライフスペースとは―
ライフスペースは昭和58年に税理士だった高橋代表が自己啓発セミナーとして設立。全盛期には約1万人がセミナーに参加したと言われている。その後、ライフスペースはカルト集団に変貌していく。

平成7年には熱湯に入る「フロ業」で学生が死亡。この事件は事故扱いとなったが、この頃から高橋は自分を「グル」と名乗り、「シャクティパットで病気を治すことができる」などと言って多額のセミナー参加料を得ていた。このプロセスは「オウム真理教事件」と酷似している。

―公判―
平成12年2月22日、高橋代表と小林さんの長男・健児らが保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。だが高橋代表は、小林さんは順調に回復していたと主張し「日本にはミイラは存在しない」と全面否認。

平成13年9月28日千葉地裁は健児に対し懲役2年6ヶ月、執行猶予3年で確定。
平成14年2月5日千葉地裁は高橋代表に対して懲役15年を言い渡したが高橋代表は控訴した。

平成15年6月26日東京高裁は「不作為による殺人」と認定し、懲役15年の一審判決を破棄して、懲役7年を高橋代表に言い渡した。平成17年7月4日最高裁は高橋の上告を棄却して懲役7年が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system