3府県連続リンチ殺人事件

−経緯−
平成6年9月28日から10月7日の僅か11日間に大阪、愛知、岐阜の3府県で4人の若者が凄惨なリンチで殺害される事件が発生した。犯人は、非行仲間で、いずれも無職の愛知県一宮市生まれの小林正人(当時19歳)、大阪府松原市生まれの河渕匡由(当時19歳)、大阪市西成区生まれの小森淳(当時18歳)の3人。この3人は同年8月から9月にパチンコ店などで知り合った。いずれも定職につけず通行人から恐喝して金を巻き上げたり、恫喝して建設現場に送り込んだ金で生活していた。

主犯格の小林は生後間もなく母親を亡くし母方の兄夫婦の養子となったが、幼稚園に入った頃から盗癖があり中学時代には救護院に入った。だが矯正どころか益々非行が増長し窃盗、恐喝、強姦などを繰り返し少年院に入った。平成6年2月に仮退院したが、間もなく強姦事件を起こして補導。8月には強盗致傷事件を起こして大阪へ逃亡。そこで、河渕、小森と出会い同じような境遇と知り意気投合した

この3人(実際には16歳の少女をはじめ複数の非行仲間が加担している)が引き起こした凄惨リンチ殺人事件は、それぞれ「大阪事件」、「木曽川事件」、「長良川事件」と呼ばれている。

−大阪事件−
平成6年9月28日午前3時頃、小林と河渕の2人は大阪の道頓堀で通行中の元すし店員の川田正英さん(仮名、当時26歳)に因縁をつけ、小林らの溜まり場である同市内の組事務所に連れ込み暴行を加えた。その上で川田さんに飯場で働かせ報酬を強取しようとしたが、川田さんが拒否したため同日午後8時頃、小林、河渕、小森の3人は川田さんの首を絞めて殺害した。さらに死んだことを確認するためタバコを川田さんの身体に押し付けて確認するという冷酷で残忍な行為を平然と行った。

小林は殺害後、暴力団の組員に後始末を相談。その結果、午後10時頃、川田さんの死体を布団で包んで、翌29日高知県安芸郡奈半利町の山中に遺棄した。後日、警察の剖検で鎖骨、肋骨3本が折れ、内臓が破裂していた。

−木曽川事件−
小林は川田さん殺害の発覚を恐れて、河渕、小森を伴って地元の愛知県稲沢市に戻ってきた。大阪事件から8日後の10月6日午後7時30分頃、同じ非行仲間の家でシンナーを吸引していたところ、地元の遊び仲間の建設作業員・田中秋雄さん(仮名、当時22歳)が突然訪ねて来た。

田中さんは、以前自分の彼女が小林に強姦されたことを恨んでいたため、殴り合いの喧嘩になった。そこで、河渕らは小林に加担し田中さんの頭部や顔面をビール瓶や棒で殴打した。リンチは翌日の7日午前2時まで続き、田中さんは意識不明の状態に陥った。

3人は、田中さんを尾西市の木曽川河川敷に遺棄しようと土手から蹴り落とした。さらに雑木林へ引きずりシンナーをかけてからライターで火を点けて逃走した。

−長良川事件−
木曽川事件の翌7日の午後10時頃、小林は遊ぶ金欲しさに金品を強取することを企図。河渕、小森と共謀の上、愛知県稲沢市のボウリング場の駐車場で物色を始めた。そこへ中学校の同級生で一緒にボウリングをしようと会社員・原田幸夫さん(仮名、当時20歳)とアルバイト・西山和夫さん(仮名、当時19歳)が通りかかった。

小林ら3人は2人に因縁をつけて顔面を殴打するなどの暴行を加え、車の後部座席に無理やり乗車させ江南緑地公園木曽川左岸グランド駐車場から岐阜県こどもの国駐車場などを経て、岐阜県安八郡輪之内町の長良川右岸堤防へ連れ回した。

その途中、小林らは原田さんから8000円を強取した上、翌日の8日午前1時頃、2人を金属パイプで全身を滅多打ちして殺害した。死体は江南緑地公園木曽川左岸グランド駐車場に遺棄して立ち去った。2人は金属パイプから身体を守るため両腕で防ごうとした結果、両腕の骨は砕けてボロボロの状態だった。

−逮捕−
警察は、非行仲間や付近の聞き込みで小林らの犯行と睨んで捜査を開始した。逃げ切れないと判断した河渕は同月12日に大阪府警に出頭し逮捕された。14日には河渕の供述で指名手配された小林が愛知県警一宮警察署に出頭し木曽川事件の殺人容疑で逮捕された。小森は逃走を続けたが翌年の平成7年1月18日に大阪で逮捕された。

−少年の死刑判決−
本事件で共犯・幇助した男女7人は全て有罪判決または少年院送致処分が決定。、

主犯3人に対して、平成13年7月9日名古屋地裁は、極めて残忍な犯行であるが木曽川事件は傷害致死であったと認められること、河渕と小森は主犯格の小林に従属していたとして小林に死刑、河渕と小森に無期懲役の判決を言い渡した。これに対して検察側が控訴した。

平成17年10月14日、名古屋高裁は一審で認定した木曽川事件は傷害致死とは到底認められず明らかに殺意があったとして殺人罪を認定。さらに小林が主犯格としながらも河渕、小森の果たした役割は殺害態様をみれば同等であるとして3人に死刑判決を言い渡した。

犯行当時、未成年者に対して死刑判決を下したのは、「少年ライフル魔事件の片桐操(犯行当時18歳)」、「小松川高校・女性徒殺人事件の李珍宇(同18歳)」、「連続射殺魔事件の永山則夫(同当時19歳)」などの判例があるが、複数の被告に死刑判決を言い渡したのは過去に例が無い。

小林らは、「未成年者だから死刑は無い」と平然と犯行を繰り返していたと言う。だが、平成23年3月10日最高裁は、3人の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system