洞爺丸事故


−経緯−
昭和29年9月26日、大型で強い台風15号が四国で深刻な被害を与え、関西地方から日本海に抜け佐渡付近を通過し北海道に向かっていた。青函連絡船の大型フェリー、洞爺丸(4337トン)は午後2時40分に函館港から青森港に向けて出航する予定であったが、平均40メートルの強風と激しい雨で出港を見合わせていた。
洞爺丸より先に出港した小型連絡船「青函丸」も悪天候のため引き帰してきたが、その乗客も大型船である洞爺丸に乗船してきた。

午後6時30分頃、風雨が弱くなり一部で晴れ間が見えてきた。昼頃の天気予報でも夕方頃に台風が通過するとの情報もあり、この条件であれば出港できると判断した船長は一路、青森港に向け出航した。

ところが、函館港からわずか5kmほど進んだ午後7時、一時晴れ間が見えていた空は急激に曇天となり風雨が激しくなり、船体が大きく揺れだした。船長は、台風通過後の影響と判断したのか、函館港に戻るよりは投錨し風雨が弱くなるまで待つとの判断を下した。ところが、この台風は日本海で急速に速度を落としていたためまだ北海道に到達していなかった。まさに投錨した段階で台風が最も接近していたことになる。

暴風雨のため積載していた貨物のバランスが崩れて船は大きくローリングしだしたため、近くの岩礁に座礁させ船を固定させる判断も虚しく、午後10時43分頃、洞爺丸は横転沈没した。海岸線まで600mの近さであったが暴風雨のため泳ぐこともままならず、乗客・乗員合わせて1175人が死亡(行方不明含む)、生存者はわずかに163人であった。

出航間際、気圧変化により台風が去ったとの判断や一時的な晴天で錯覚した人的ミスであった。この事故で青函トンネルの実現が叫ばれるようになったが実現するまで数十年を待つことになるのである。

画像
沈没直後の洞爺丸


ホーム

inserted by FC2 system