特別企画・戦前編

「事件史探求」は、終戦の昭和20年8月15日以降の事件・事故を掲載している。これは、今日の日本が進駐軍とりわけ米国の価値観や道徳に反映され、それによる国民の意識変化が事件・事故で少なからずとも影響を与えたと思うからだ。例えば、戦前教育では老人を狙い撃ちにした「豊田商事詐欺事件」などは到底考えられない事件であろう。一方、戦前は殺人も強盗もなく平和な国家だったのだろうか。否、いかに戦争を挟んで価値観が180度変化したとしても、戦前も戦後も同じ人間の営みである。やはり、戦前においても凶悪事件や大事故はあったのだ。事件・事故を解明するには、戦前戦後という時間軸の時系列と人間そのものの本質を見ること、この二つが重要である。

そこで、戦前における事件・事故を採りあげて、その動機や原因を解明し戦後と同様の性質か否かを考察する。但し、それは訪問者である皆様にお願いし、本サイトは題材提供のみに留めます。尚、「事件史探求」はあくまでも戦後の事件・事故を遺すことが目的。このため本頁は参考資料あるいは事件史探求の付録としての位置付けで掲載します。

明治39年9月 天竜川・肝とり勝事件 長野県辰野の天竜川沿いで6人の連続殺人が発生。下腹部をえぐられる残忍な犯行。
明治41年3月 出歯亀事件 出歯の亀太郎が銭湯帰りの婦人に強姦致死。以来、覘き魔に対して゛出歯亀゛と称される。
大正4年12月 三毛別羆事件

北海道三毛別(さんけべつ)で巨大な羆によって7人が死亡。村が壊滅状態となった。

大正12年9月 関東大震災 相模湾沖でM7.9の大地震が発生。東京と近県で死者10万人という未曾有の大惨事となった。
大正13年9月 五寸釘寅吉出所 脱獄王の五寸釘の寅吉こと西川寅吉が50年の監獄生活に終止符を打って出所した。
大正14年12月 ゛ピス健゛射殺魔事件 犯行後、ものも言わず撃ち殺す凶悪魔。市民を恐怖に陥れた犯人゛ピス健゛が逮捕された。
大正15年8月 鬼熊事件 岩淵熊次郎が情婦の裏切りに激昂。警察官を含む5人を殺害。壮絶な42日間の逃走劇とは。
昭和4年2月 説教強盗事件 東京市民を恐怖に陥れた゛説教強盗魔゛が逮捕された。普通の強盗とは異質な犯行手口とは。
昭和5年4月 もらい子殺し事件 東京・板橋の集落で養育料目的に幼児を引き取り40人余りを殺害。新聞は殺人鬼村と報道。
昭和7年3月 玉ノ井バラバラ殺人事件 通称‘お歯黒ドブ‘で男のバラバラ遺体が発見。犯人に同情の声が集まった理由とは。
昭和7年5月 坂田山心中事件 資産家の令嬢と慶大生が心中。墓場から令嬢の遺体が盗まれるという猟奇事件に発展。
昭和7年12月 白木屋火災事故 白木屋(後の東急百貨店)の4階から出火し店員ら14人が死亡。女性の犠牲者の理由とは。
昭和10年11月 日本初゛保険金殺人゛事件 学校も行かず゛放蕩息子゛を母親等が殺害。父親は息子に多額の保険金を掛けていた。
昭和11年6月 脱獄王・白鳥由栄事件 殺人囚の白鳥は青森刑務所を脱獄したのをはじめ4回も脱獄を繰り返した。稀有の脱獄王。
昭和13年5月 津山30人殺し事件 岡山県津山で怨念を晴らそうと男が集落の30人を殺害。「八つ墓村」のモデルになった事件。
昭和16年8月 浜名湖湖畔9人連続殺人事件 聴覚障害者の青年が強盗強姦目的で女性を殺害。実兄も殺害して9人を殺害した。
昭和18年12月 ひかりごけ事件 戦中、徴用船が知床半島で遭難。厳冬の中、2ヵ月後に生還した船長が生き残れた訳とは。
昭和20年2月 小笠原事件 戦争末期、小笠原の父島を防衛していた陸海軍の混成団が米兵捕虜を人食していたことが発覚。

ホーム

inserted by FC2 system