青物横丁駅射殺事件


−経緯−
平成6年10月25日早朝、京浜急行の青物横丁駅で改札口に入ろうとした泌尿科医長のA医師は、会社員・畑中正美(仮名・当時36歳)に至近距離からトカレフ銃で撃たれた。A医師は、病院に搬送されたが翌日の26日午後、出血多量で死亡した。

畑中は高校卒業後、都内の電気機器メーカに勤めていた。勤務態度は真面目で仕事熱心だった。自宅は埼玉県浦和市(現、さいたま市)で母親と二人暮しだった。そんな、畑中に転機が訪れたのは平成4年10月頃だった。この頃、畑中はヘルニアで悩んでいた。治療のため通院していたが、一向に回復はしなかった。このため、翌平成5年6月7日に入院し手術を受けた。この時の執刀医がA医師だった。

術後の経過は順調で、退院後の通院も必要はないほど回復した。だが、暫くすると全身の倦怠感や食欲不振、内臓に何か詰まっているような不快感を覚えた。平成6年になって益々体調不良が続き、内臓のあちこちに痛みが走るようになり、勤めも休みがちになった。

畑中は、執刀医のA医師を疑うようになった。体中が痛むのは、手術の際、手術用具を体内に置き忘れたからだと思うようになった。そこで、畑中はA医師に面会した。A医師は苦笑いしながら、畑中の訴えを否定したが、一応レントゲン検査を実施した。その結果、どこにも異常はなかった。

だが、畑中は信じなかった。きっと自分の体内に手術用の鋏やピンセットが残っているはずだ。それなのにA医師はミスを認めたくないから異常がないと言ったのだ。そのように思い込んだ畑中は、死ぬ前にA医師に復讐してやると犯行を計画した。

−トカレフ銃の購入先−
畑中は、駅の人込みの中で襲撃することを計画した。だが、銃はどのように入手すればよいのか分からなかった。9月になって、病院の近所に暴力団事務所があることを思い出した畑中は、思い切って訪ねてみた。

応対した組員のB(当時29歳)は、畑中の話を聞いてトカレフ銃と実弾7発を140万円で売った。トカレフ銃を手にした畑中は、いよいよ犯行を実行するだけとなった。

畑中は10月25日、浦和市の自宅からバイクに乗って東京の青物横丁駅に向かった。駅で張り込んでいた畑中の目にA医師の姿が映った。畑中は、A医師の背後から隠し持っていたトカレフ銃で撃った。A医師が転倒したのを見届けて、乗ってきたバイクで逃走した。そして、NHKや民放4社に犯行声明を送った。

警察は、A医師の身辺捜査を開始したところ、間もなくA医師に執拗に抗議を繰り返していた畑中が浮上し指名手配をした。その3日後、畑中はホテルを転々としていたが、金が無くなり母親に電話した。警察は畑中が母親に会うためJR南浦和駅に現れたところを殺人容疑で逮捕した。畑中は過去に精神病歴があったため、精神鑑定にかけられたが、責任能力ありと認められ、平成7年2月に殺人罪で起訴された。


ホーム

inserted by FC2 system