松山ホステス殺害事件


−経緯−
昭和57年8月19日、愛媛県松山市のマンションからホステスのA子さん(当時31歳)が突然失踪した。数日後、郊外の山林からA子さんの遺体が発見されたため、松山署は殺人事件として捜査を開始した。

警察は、A子さんの身辺調査を開始したところ同僚のホステスで福田和子(当時34歳)が行方不明になっていることが判明。福田の元夫に事情聴取したところ、福田が口論の末、A子さんを殺害したこと、電話で呼び出された元夫はA子さんの遺体を遺棄するのを手伝ったこと、福田がA子さんから現金13万円と家具や衣類など336点を盗んで逃亡したことを自供した。警察は、福田を全国指名手配した。だが、福田は15年間逃亡し続けることになる。

−時効3週間前−
福田は、犯行から2週間後の8月30日、東京・新橋の美容整形外科・十仁病院で二重瞼と鼻を高くする手術をうけた。その後、大阪で口元の整形手術をうけ、犯行当時の容姿をすっかり変え、20以上の偽名を使い分けて各地を転々とした。

昭和60年には、石川県根上町の老舗和菓子店主・Bさんの内妻に納まっていた。福田は客あしらいが上手で、ちょっと色っぽい女将さんとして評判が良かった。Bさんも、すっかり福田を信用して内妻では申し訳ないと、入籍することを提案した。だが、福田は内妻で十分であると拒否してきた。

Bさんや親戚は、どこから流れてきたのか分からない女が老舗の本妻になれることを拒否する福田に疑問を抱いた。そこで、親戚の1人が警察に相談を持ちかけた。警察は、全国指名手配中の福田ではないかと睨み、本人に会うことを決めた。

警官が和菓子屋に行くと、内妻は学校の行事の手伝いに行っているとのことだった。そこで学校に出向いたところ、いち早く察知した福田は自転車に乗りそのまま逃走した。

その後、福田は名古屋で清掃婦やホステス業を転々としながら土地勘のある福井県福井市へ流れていった。
逃亡からすでに10数年。この調子なら時効の15年間は逃げ通せると自信を持った福田は、今までの潜伏する生活から次第に派手な生活に変っていった。

平成7年8月から3ヶ月間、ビジネスホテルでの生活は、宿泊代は全て前払いで、この時すでに福田を援助する男性数名がいた。福井市の繁華街のおでん屋に頻繁に出向く福田は、店の女将や常連客と顔馴染になった。

この頃、テレビで「松山ホステス殺害事件の時効迫る」という特集番組が盛んに報道された。十仁病院長も整形手術を悪用した犯人は許せないとして、有力情報者には400万円の懸賞金を出すことを発表するなど巷で犯人福田の話題が沸騰していた。

女将や常連客は、おでん屋によく来る××(福田の仮名)は犯人によく似ていると思っていた。ある日、福田を含めて常連客数名がおでん屋で飲んでいた時、テレビで逃走当時の福田の顔写真が映った。この時、福田は「よく私に似ているわー」と言った。女将は、××に不審を抱いた。

時効3週間前の平成9年7月29日、おでん屋の女将の通報で警察は店にいた福田を逮捕した。逮捕後の福田は犯行を素直に認めて、犯行動機をA子さんとの競争意識、嫉妬心から殺害したとして、強盗目的ではないと主張した。

平成10年11月16日、検察側は「犯行は残虐で悪質。逃亡中も享楽的生活を送り反省が見られない」として福田に無期懲役を求刑した。平成11年松山地裁は求刑通り無期懲役を福田に言い渡し平成15年に刑が確定した。

平成17年2月27日、福田は服役していた和歌山刑務所で倒れて病院に搬送された。手術を受けたが意識が戻らず3月10日に死亡した。死因は脳梗塞とみられる。享年57歳だった。


ホーム

inserted by FC2 system