タリウム殺人事件


−経緯−
平成3年2月14日午後6時、東京大学医学部付属動物実験施設の技官・内田賢二さん(仮名・当時38歳)が「同僚に毒を盛られたかもしれない」と呟きながら死亡した。内田さんは、前年の平成2年12月13日、全身が痛み、手足が痺れて、脱毛症状も見られたため入院した。年が明け平成3年になっても容体は悪化する一方で、2月14日に息を引き取ったのだった。

担当医は、内田さんが「毒を盛られたかもしれない」という最後の言葉を重く見て、警察に通報するとともに、遺体を司法解剖した。その結果、臓器から「酢酸タリウム」が検出された。

(タリウム)
金属元素の一つ。特質は鉛や水銀に近いが毒性はさらに強く、致死量は成人で約1グラム。以前は殺鼠剤として広範囲で使用されていたが、現在では人口宝石の製造や医療関係でしか使用されていない。

−犯人は内部−
警視庁は、毒殺事件として捜査を開始した。同施設は教授ら研究職、事務職、アルバイトなど数十人が勤務していた。酢酸タリウムを混入させるには内部の人間以外にはありえない。このため、職員らの身辺調査を実施した。その結果、内田さんと日頃から仲が悪かった技官・中村良一(当時44歳)が捜査上に浮上してきた。

内田さんは、都内の私立高校を卒業し、動物飼育の会社に入社。この関係で、同施設に技官として採用された。主な任務は実験動物の飼育だった。一方、中村は日本獣医畜産大学を卒業後、国立予防研究所などを経て同施設に配属された。

2人の性格は正反対で、勤務態度もおのずと異なり、しばしば対立していた。内田さんは、動物好きだったが、性格は無愛想。職場の付き合いは悪く、朝の挨拶もしない状態だった。しかも、職場を連絡所にして中古自動車のブローカもやっていた。

中村は職場の同僚に対して気配りが行き届き、誰に対しても愛想が良かった。正義感が強い中村は、内田さんに勤務態度の改善や中古車ブローカのアルバイトを止めるよう再三注意してきた。だが、内田さんは、中村の注意を一切無視した。

−実行−
捜査班は、中村に対して内偵を開始した。そんな中、捜査員がある情報を収集した。それによると平成2年4月中旬、内田さんが同施設長(教授)に、「自分のコーヒ豆の缶に白い粉が入っている。調査して欲しい」と申し出たというものだった。

同施設長が調べた結果、白い粉は酢酸タリウムだった。この時は悪質な悪戯ということで警察に通報することもなく片付けられていた。その後、内田さんは脅え始め、食事は外食、飲料はミネラルウォータ以外に口にしなかった。

平成5年7月22日、警視庁は中村を殺人容疑で逮捕した(事件発生から2年半が経過)。警察の取調べで、中村は素直に犯行を認めた。殺害の動機は、自分の注意を無視し自分を馬鹿にしたからという単純なものだった。平成12年6月8日、最高裁は一審の懲役11年を支持して中村の刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system