戸田・異常性欲男殺人事件


−経緯−
昭和45年8月10日昼前、埼玉県戸田市下笹目の工員・萩原Aさん(当時40歳)、妻A子さん(当時37歳)、長男(当時11歳)、二男(当時8歳)の一家4人が殺されているのが発見された。

埼玉県警は所轄の蕨署に捜査本部を設置して本格的な捜査を開始した。侵入ロは奥の三畳間からで、被害者は抵抗の形跡が無いため犯人は就寝中の4人を次々に殺害したと推定された。

さらに、司法解剖の結果、死亡推定時間は8日夜から9日未明。A子さんの下腹部には少量の精液が認められた。この結果、捜査本部は痴情、怨恨による犯行と物取り目的の強盗殺人の2つに絞って捜査を継続した。

間もなく、犯行現場近くのドブ川から凶器と思われる薪割りが発見された。この薪割りはAさんの実家のものであることが判明し、犯人は近親者という線が大きく浮上した。

Aさんの自宅は、実家から1キロメートル程度の近距離。実家の兄弟と仲が悪く、長男であるAさんは相続権を二男に譲り、自分は父親から資金援助を得て建売住宅を購入し住んでいた。

捜査本部は、兄弟を徹底的に調べた。すると三男の萩原貞次(当時34歳)には前科があり三度、刑務所に服役していたことが判明。三度目は窃盗容疑で青森刑務所に服役し本年5月26日に出所したばかりだった。出所後は住いを転々とし6月、7月に突然、Aさん宅を訪問しA子さんに肉体関係を迫っていたことが判明した。

8月26日、金に困った貞次は母親に電話をかけてきた。刑事はこの電話内容を確認し宿泊先の東京都大田区西蒲田の簡易宿泊所に居た貞次を緊急逮捕した。逮捕後、貞次は長男一家4人の殺害を素直に認めた。

−異常性欲男−
貞次は子供の頃から異常性欲者で、近所の風呂場や寝室の覗きや下着の窃盗を繰り返していた。AさんがA子さんと結婚した当初は、実家で同居していたが、やがて貞次とA子さんは肉体関係を持った。これがきっかけでAさんは実家を出て近所に建売住宅を購入した経緯があった。

逮捕された貞次は、警察の取り調べで「出所後、川崎市で日雇い仕事をしていた。兄嫁とセックスしたくなり6月、7月と兄嫁宅を訪問した。だが、断られた為、隣家の塀から兄夫婦の行為を見ながら自慰したが、そのうち殺してでもセックスをしたくなり殺害を計画した」と供述した。

犯行日の8月8日深夜、貞次は実家にあった薪割を持参しAさん宅に忍び込んだ。貞次は就寝中の4人を次々に薪割りで殺害し、瀕死のA子さんを弄んだ。その間、Aさんや子供達がうめき声をあげるので、時々、行為を中断し、薪割りを振るって沈黙させた。

昭和46年12月の精神鑑定では「被告人は意志薄弱性、無情性の精神病質であり、同時に窃視症、フェチシズム、カニバリズム(女性の肉を食べる)等の性的錯倒を有している」と診断された。

貞次は公判でも「一番残念だったのは、兄嫁の肉を食えなかったこと」と陳述。さらに別の女性にも同様の犯行を計画中だったことが判明したため、裁判官は、もはや改善の余地無しと断じて昭和47年12月、死刑判決を言い渡した。貞次は控訴せず死刑が確定。昭和51年4月に死刑執行。


ホーム

inserted by FC2 system