大阪・西成通り魔殺人事件


−経緯−
昭和57年2月7日午前9時30分頃、大阪市西成区の文化住宅で無職の橋田忠昭(当時47歳)と妻のA子さん(当時34歳)が些細なことから夫婦喧嘩をした。些細な事と言うのは、A子さんが宗教活動の会合に出かけようとしたところ、橋田が「朝食の用意をしてから出かけろ」と怒鳴ったためであった。

これに対しA子さんは、無視して部屋を出ようとしたため橋田がA子さんに掴みかかって口論となった。そこで、A子さんは職を持たずブラブラしている橋田に「やめてよ、ぐうたらが!」と叫んだ。これに烈火の如く怒った橋田は台所から刃渡り20センチの刺身包丁を持ち出し、A子さんの胸を突き刺した。これを見て、止めに入った一人っ子の長男(当時11歳)も刺してしまった。

この一瞬の出来事で完全に混乱した橋田は隣室の作業員Bさん(当時34歳)宅に押し入りBさん夫婦をメッタ刺しした。この悲鳴を聞いて飛び出してきた同じ2階に住むC子さん(当時34歳)は、自分の部屋に戻って夫のDさん(当時39歳)に救急車を呼ぶように伝えたところ、橋田が包丁を持って追いかけてきた。この時、たまたま同じアパートに住むパチンコ店勤務のE子さん(当時49歳)がCさん宅に居合わせていたため、橋田に胸をメッタ刺しされた。

更に逆上した橋田はアパートの一階に降りたところ、出勤で部屋を出たばかりのF子さん(当時20歳)と父親のGさん(当時59歳)に包丁で切り付けた。そこへ通報で駆けつけた警察官に橋田は現行犯逮捕された。襲われた9人のうち、橋田の妻、Bさんの妻、E子さん、Gさんの4人が出血多量で死亡。3人が重軽傷を負った。

−心神衰弱で減刑−
橋田は7年前に覚せい剤による幻覚症状から妻を切りつけて逮捕されていた。犯行当時、定職が無く生活保護を受けていたが、覚せい剤は常用していた。このため、近所の住民は異常な言動、行動が目立つため連名で警察に「何とかしてほしい」と嘆願していた。

橋田は警察の取調べで「近所のやつらは、神経質なわしに嫌がらせをするため、毎日大声をたてるんです(中略)、女房も宗教に凝って、わしをほったらかしにしてた。仕返ししてやろうと思ってた」と供述した。

昭和59年4月20日、大阪地裁は橋田に犯行時、覚せい剤による心神衰弱状態であったとして、無期懲役を言い渡し確定した。

−心神喪失と心神衰弱−
現刑法では、責任能力の有無が問題にされる。

刑法39条1項では、心神喪失者は責任能力が無いとされる。「物事の是非善悪を理解する能力が無く、またはこの理解に従って行動する能力を欠く状態」で処罰はされない。

刑法39条2項では、「理解し、理解に従って行動する能力の著しく低い者」は心神衰弱として減刑するとある。橋田は、この2項によって極刑から罪一等を減刑され無期懲役が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system