筑後市ボーナス毒殺事件


−経緯−
昭和39年12月15日午前10時頃、福岡県筑後市の市役所運転手・Aさん(当時27歳)、会計課員・Bさん(当時25歳)、同課・Cさん(当時27歳)の3人が職員のボーナス約2000万円を銀行から受け取り車に戻った。車内には顔見知りの筑後市立病院の運転手・都留静生(つる・しずお、当時32歳)が乗っていた。

都留は「疲れが取れるよ」と言って栄誉ドリンクの小ビンを3人に渡した。都留も含めて4人で飲んだが、突然Aさん、Bさんが苦しみだした。Cさんは、口をつけた瞬間、苦い味がしたので吐き出した。Cさんは、都留に病院へ急行するよう運転を依頼。Cさんは車中でAさん、Bさんの介抱をしながらボーナスの監視を続けた。

病院に着いたが、Aさん、Bさんは間もなく死亡。都留も重体に陥ったが命は取り留めた。司法解剖の結果、死因は青酸毒物による中毒死と判明した。福岡県警はボーナスを狙った犯行と見て筑後署に捜査本部を設置し、唯一事情聴取可能であるCさんに経緯を確認した。

その結果、都留が突然車内に居たことやドリンク剤を勧めたのが都留であったことなどから、都留を犯人と断定し家宅捜査を開始した。その結果、青酸塩の粉末10グラムが発見された。警察は、都留も重体に陥っているが、捜査を欺くため軽く飲んだと推定した。警察は都留の回復を待って取り調べを開始し、12月28日になって都留は犯行を認めて動機を自供した。

−動機と自殺−
都留は、昭和35年に職場の女性と結婚した。この時の彼女の条件は、都留の両親との同居は仕方ないとして、家を改築して風呂を新設して欲しいということだった。都留は兄弟から老いた両親を押し付けられていたため、結婚の条件として彼女の言いなりになるしかなかった。

だが、結局妻と姑の折り合いが悪く別居。その後、子供が生まれたのを機に父親に出資してもらい家を新築して再び同居生活が始まった。だが、やはり妻と姑の対立は悪くなる一方で、妻と子供はアパートを借りて出て行った。都留が週末にアパートに通うという状態に置かれてしまった。

そこで、都留は大きな二世帯住宅の家を作れば万事がうまくいくと考えるようになった。そのためには大金がいる。ここで一発大きな事をしてやると、以前勤めていた製鉄会社で何となく手に入れた青酸塩を思い出し、市のボーナス支給日に現金輸送員を毒殺して現金を強奪することを計画した。だが、Cさんは飲まなかったため計画は破綻。このままでは逮捕されると思い、自分も被害者に見せかけるため咄嗟に青酸塩入りのドリンクを軽く飲んだのだった。

都留は、昭和45年1月に死刑が確定した。昭和50年、死刑執行の当日の朝、独房でカミソリ自殺した。


ホーム

inserted by FC2 system