米兵・音大生銃撃事件(第ニジラード事件)


−経緯−
昭和33年9月7日午後2時頃、西武新宿線下り飯能行き電車が稲荷山公園付近(埼玉県狭山市)を走行中、付近のジョンソン基地(現、入間航空自衛隊基地)から銃弾が撃ちこまれ、1両目に乗車していた武蔵野音大1年生の宮村祥之さん(当時21歳)の背中に命中し床に倒れた。

他の乗客の知らせで電車は緊急停車して宮村さんを隣のジョンソン基地にある病院に搬送したが1時間後の午後3時に死亡が確認された。この事件で米軍のMP(米軍警察)が捜査したところ同基地内勤務のピータ・ロングプリー3等空兵(当時19歳)が犯人であることが判明し即逮捕(米軍側が)した。

−動機−
逮捕されたロングプリーは「空射で射撃の練習をしようと走行中の電車に向かって‘ひきがね‘を引いたが、実弾が入っているとは思っていなかった」と供述した。当初、米軍側も公務中の過失による事故として片付けようとしたが、いかんせん電車に向けて銃撃したので言い訳ができず「公務中ではあるが、電車を狙ったのは公務とは到底認められない」と苦しい見解を発表した。これにより埼玉県警と狭山署は9月15日、ロングプリーを重過失致死罪で浦和地裁に書類送検し、昭和34年5月11日浦和地裁はロングブリーに禁固10ヶ月の有罪判決を下した。同年9月29日ロングプリーが上訴権放棄の手続きをとったため刑が確定した。

宮村さんは、熊本で母子家庭に育ち昭和30年に上京。夢であった音楽家を目指して音大に通う傍ら、母親に迷惑をかけないようバイトを見つけて頑張っていた。死亡する直前に母親宛てに手紙で「バイトが見つかったから仕送りはしないでいいよ」という優しい手紙を送った直後の出来事だった。

−日米安保条約の裏側−
宮村さんは、同基地内のアルバイトとしてコントラバスを担当していた。事件に巻き込まれたこの日はアルバイトの最終日で、日曜日の子供慰安演奏会を終えて帰宅の途中に悲劇が起った。前年の「ジラード事件」を彷彿させ、「日米安保条約」のもとで市民の生活が危険にさらされている事を改めて認識する事件だった。


ホーム

inserted by FC2 system