熊本・農家6人殺害事件


−経緯−
昭和21年8月29日熊本県球磨郡一勝地村(当時)の梨園農家・毎床照光さん宅が丸焼けになっていると同じ集落の人が警察に届け出た。人吉警察署が現場に急行し捜査した結果、焼け跡から当主の照光さん(当時37歳)、妻のシメさん(当時32歳)、長男(当時9歳)、次男(当時7歳)、三男(当時4歳)と照光さんの実父・朝太郎さん(当時70歳)の一家6人が焼死体で発見されたが、いずれの死体も頭部に殴られた跡があった。

警察は殺人事件として周辺の聞き込み捜査を開始した。その結果、隣の大無田の村長が「一昨日、毎床方に梨を買いに行った者がいる」との情報を得て、警察はその人物にあたった。その証言によると「毎床方に梨を買いに行った時、お宅の集落の朝鮮人も梨を買いに来たが、金が無いからと腕時計を置いていった」と証言した。

事件から翌日の30日、警察はその集落に住む朝鮮人を探し出し、事実を確認したところ犯行を認めたため殺人容疑で逮捕した。犯人は戦前日本に炭鉱夫として働かされ戦後間もなくヤミ屋を生業としていた谷川永子こと韓永述(仮名・当時21歳)、美山鐘根こと李鐘根(仮名・当時24歳)、水原桂太郎こと崔桂奎(仮名・当時24歳)の3人。

−帰国3日前−
3人は朝鮮慶尚北道の出身。半ば強制的に厳しい作業である炭鉱夫として来日していたが終戦を経て待ちに待った祖国へ帰国することになっていた。韓と李は9月1日、崔は同月24日に博多港から帰国する予定であったが、帰国するにあたって金が無いことから裕福そうな毎床宅へ強盗しようと計画した。

犯行2日前の8月27日、毎床宅に「用事で近くに来たが遅くなったので泊めて欲しい」と訪ねた。韓らは毎床さんらが寝静まったところを襲って金を強奪しようと計画したが、毎床さんが親切にもてなしてくれたため気後れして犯行に至らなかった。翌日の夜あらためて出直して29日の未明に犯行におよんだ。韓らの帰国3日前であった。

昭和22年3月22日熊本地裁八代支部は3人に死刑判決。同年5月8日、崔は控訴取り下げで死刑が確定。同年7月5日福岡高裁は韓に対して一審を支持、李に対して無期懲役を言い渡した。両名とも上告せず刑が確定。昭和25年1月20日、韓と崔の死刑が執行された。


ホーム

inserted by FC2 system