日光中宮祠事件


−経緯−
昭和21年5月4日未明、栃木県日光市中宮祠の星野屋旅館から出火。焼け跡から経営者の星野寛さん(当時46歳)、妻・まつさん(当時42歳)、三男(当時11歳)、次女(当時8歳)、三女(当時5歳)、まつさんの実父・田村両右さん(当時72歳)の6人の焼死体が発見された。警察が調べたところ、6人は寝床に入ったままで、頭部には刺し傷が見られた。だが、日光署は一家無理心中として処理した。

それから9年後の昭和30年5月、埼玉県久喜署はA(当時30歳)を強盗の疑いで逮捕した。Aは31件の強窃盗と5件の殺人を自供したが、その中に中宮祠事件もあった。その後、Aは「取り調べの待遇が良くなると思って偽をついた」と一転して犯行を否認した。この新聞記事を読んだ星野寛さんの長男(26歳)が、日光署の処理に不満を持っていたため改めて埼玉県警に事実確認を要請した。

同県警では、被害者の長男の要請に基づきAを再調査した。その結果、Aは刑務所に服役していた時、金城という男から「日光中宮祠事件は俺の犯行だ」と聞かされていた事を掴んだ。また、星野さんが当時持っていた小切手が都内の銀行で金城という男に払い戻されていることが判明した。

−真犯人逮捕−
この事実を元に埼玉県警が調べた結果、金城とは昭和31年7月に神奈川県警川崎署が暴力団一斉取締りで逮捕していた金城こと青果商店員・朴烈根(当時30歳)であることが判明した。埼玉県警は殺人と放火の疑いで朴を逮捕し事情聴取した。

朴は取調べにたいし「事件当夜、星野屋旅館に宿泊して帳場に盗みに入ったが家族に発見されたため台所にあった包丁で一家6人を殺害。現金400円と小切手、背広などを奪って火をつけて逃げた」と自供した。共犯の元古物商・高山三郎こと崔基業(当時31歳)は同年8月21日、北海道静内町の工事現場で働いているところを逮捕された。

昭和32年7月22日宇都宮地裁は朴、崔2人に対して死刑を言い渡した。昭和34年1月28日東京高裁は控訴棄却。昭和35年6月10日最高裁は上告を棄却して2人に死刑が確定した。14年後の昭和49年6月6日死刑執行。


ホーム

inserted by FC2 system