川端町事件(マルヨ無線強盗放火殺人事件)


−経緯−
昭和41年12月5日福岡県福岡市下川端町のマルヨ無線川端店に整備工・尾田信夫(当時20歳)と少年A(当時17歳)が強盗目的で押入った。2人は、宿直で店員のBさん、Cさんに「金を出せ」とハンマーで殴りつけ、意識がもうろうとしている隙に金庫から現金25万7000円と腕時計2個を強取し同店にあった石油ストーブを倒して放火、逃走した。その結果、店員のBさんは焼死、Cさんが加療5ヶ月間を要する重傷を負った。

尾田は高校卒業後、同電気店に就職したが販売に関するトラブルから店のラジオを盗み質入をしたことが会社に露呈、窃盗容疑で逮捕され少年院に2年間入所していた。この時、少年院で知り合ったのがA少年であった。

尾田は逮捕された恨みと少年院に入所中に同電気店の店長が勝手に自分のアパートから月賦で買ったステレオを持っていったことに腹をたてAを誘って同電気店に強盗することを計画した。

−冤罪を訴える−
尾田とAは強盗殺人、放火などの容疑で逮捕された。昭和48年12月24日福岡地裁は尾田に死刑、Aに懲役13年を言い渡した(Aは控訴審で確定)。尾田は控訴審で、「逮捕後 捜査官から検証の結果、石油ストーブが倒れて出火したことが判明したと現場写真を見せられ、厳しく追及された結果、虚偽の自白をしてしまった」と放火に関して否認した。だが昭和45年3月20日福岡高裁は尾田の主張を却下し控訴棄却。同年11月12日最高裁は上告を棄却して尾田に死刑が確定した。

尾田は、その後 再審請求を続けて現在第6次再審請求中。尾田が主張するのは「放火」に関する点である。捜査段階での実況見聞調書では、ストーブの横に2個の机があり、ストーブは45度の角度で倒れていた、とされている。福岡県警の鑑定人の鑑定書ではストーブは点火扉が床面に接するように前方に傾いていた、とされている。

これに対して尾田は、ストーブは放火当時、直立していたと主張。その証拠として、@放火後の現場にストーブの置台の跡が残っていること、A本件ストーブは安全設計になっており、ストーブが傾くと裏蓋が開き石油タンクが本体から外れて燃焼を遮断する機能が付いていた。この安全装置を働かせずに石油ストーブを前傾させることはかなりの困難を要する、と主張している。

平成17年1月、尾田は福岡拘置所で30数回の正月を迎えた。現在、死刑確定囚の中では最も最古参の死刑囚である


ホーム

inserted by FC2 system