銀座・弁護士妻子殺人事件


−経緯−

昭和31年1月18日午後1時頃、東京銀座の第二東京弁護士会副会長・磯部常治さん(当時61歳)の事務所兼自宅で妻の文子さん(当時52歳)の絞殺体と次女で大学4年生・恵依子さん(当時22歳)の刺殺体を学校から帰宅した三女の賀代子さんが発見し警察に急報した。

築地署員が同家に駆けつけ捜査を開始したところ、同家は3階建てのコンクリートビルで1階から3階にかけて物色された痕でメチャクチャに荒らされていた。文子さんはネクタイで絞殺されており、階下にいた恵依子さんは鋭利な刃物で胸や肩など8ヵ所にわたり刺されていた。築地署は現金、六法全書、衣類などが盗み出されている事から怨恨ではなく金目当ての強盗とみて付近の聞き込み捜査を始めた。

−早期解決−
事件から2日後の20日午後になって窃盗などで前科2犯の(べっぷ としお/当時27歳)が逃亡先の名古屋で警察に自首してきた。別府は現場に近い中華料理店で出前持ちとして働いており、磯部宅にも出前で3回ほど訪問したことがあった。

別府は中華飯店で知り合った女性と結婚しようと考えた。だが、出前持ちの給料では到底結婚など望めず、以前出前に行った磯辺家であれば金は沢山あるだろうと強盗を計画した。犯行当日、表玄関から侵入したところ磯部弁護士に発見されたが、「兄の件で相談しにきた」とごまかした。磯部弁護士は、葬儀に出かけるところだったので、改めて来るようにと別府に伝えて外出した。

その後、別府は磯部宅に戻り2階にいた文子さんをネクタイで絞殺。金員を盗みだして玄関から出ようとしたところ、ちょうど帰宅した次女の恵依子さんと鉢合わせ。このため別府は台所にあった包丁で恵依子さんを刺し殺した。

別府は犯行後、良心の苦しみに耐えかね、かつて戦時中 自分が疎開していた拳母市に行き祖母、姉の墓前でお参りしてから警察に自首したのだった。昭和31年11月20日東京地裁は別府に死刑を言い渡した。別府は控訴せず12月5日死刑が確定し昭和35年に死刑が執行された。

−反省文−
別府は、死刑判決がでた直後「最後に何か言うことはないかね」と裁判長に言われると、手にしていた便箋を読み上げた。「お許し下さい、わが罪を。知らずにおかした小さな罪が、つもりつもって大罪となる。神の裁きをうけること二度三度、いま死を与えられた私は救われた気持ちに浸っています。私のために苦しんで死んでいかれたお二人。私は毎日、朝昼晩三回、般若心経をとなえ合掌させてもらっています。神の判決に不服はございません。・・・裁判長さま、弁護人、検事、社会のみなさま、ただありがとう、ありがとうというばかりです《死刑囚の記録/加賀乙彦著・中公新書から引用》」。読み終わって別府は合掌したという。

−死刑廃止論者の弁護士−
磯部弁護士は「熱心な死刑廃止論者」で帝銀事件で平沢貞通の弁護人としても有名だった。その磯部弁護士の家族が殺されて犯人が死刑になるという皮肉な事件だった。別府の死刑が確定した時、磯部弁護士はどのような気持ちであったのだろうか。


ホーム

inserted by FC2 system