桜木町事故

−経緯−
昭和26年4月24日午後1時45分頃、神奈川県横浜市の桜木町駅付近で、京浜東北線の電車が炎上し死者106人、負傷者92人を出す大惨事となった。一両目は全焼し、二両目の天井を焼失して火は鎮火した。

救急隊が駆けつけ、炎上した先頭車両のドアを開けると焼死体がバラバラと落ちてきた。助かった者も髪や衣類を焼かれ、半狂乱で「助けてくれ」「熱い、熱い」と叫び地獄絵図のようだった。

犠牲者も一両目に集中していたのは、終点の桜木町駅の改札口に一番近いのが先頭車両であるため、先頭車両が一番混んでいた。その結果、多くの犠牲者を出してしまった。

事故車は「モハ63型」と呼ばれ、昭和18年に物資不足の中で設計・製造された車両であった。そのためガラス不足で大きな窓が作れず、窓を3層構造にしていた。このため、乗客が窓を足で蹴って割って外へ脱出することが極めて困難であった。さらに、ボディは木造で耐火塗料も施していなかった。
また、非常ドアのコックも場所が判らず、いわば密室に閉じ込められた状態で焼死したのだった。

−原因−
原因は、事故6分前の午後1時38分頃、電力工手が架線の碍子を取り替える作業をしていたが、途中誤って落下し、その際に架線が30センチにわたって垂れ下がり、それを電車のパンタグラフが引っ掛けたためで、運転手はあわてて急ブレーキを掛けたが間に合わず、1500ボルトの架線は電車を巻き込むようにしてショート、炎上したのだった。

この時、現場作業員らが、進行して来る電車に対して停止指示を出していれば、このような大惨事に繋がらなかった。昭和35年に最高裁で信号係、電気工手長、電気工手副長、電気工手、運転手らに有罪が確定した。

画像
火災後の車内


ホーム

inserted by FC2 system