信楽(しがら)鉄道衝突事故


−経緯−
平成3年5月14日午前10時30分頃、滋賀県信楽町黄瀬の貴生川−紫香楽宮跡間で、信楽高原鉄道の信楽発貴生川行・普通列車とJR西日本の京都発信楽行・臨時快速電車が正面衝突し、42人の死者と614人の重軽傷者を出す大惨事となった。

−原因−
この事故は、民間鉄道会社(第3セクター)である信楽高原鉄道とJRが相互乗り入れする路線のため、事故の責任に対し双方の会社で見解が割れた形となった。直接の原因は信楽駅の信号が故障しATSも働いたため信号を手動に切り替えて信楽鉄道の普通列車を発車させた。このため単線区間に進入し対向してくるJRの快速電車と正面衝突した。信楽鉄道側は信号を手動で切り替えたことをJR側に連絡をしていなかった。JRの快速電車は、「世界陶芸セラミックスワールドしがらき91」への展示会場に行く乗客で超満員だった。このため運行が遅れ気味で、通常より速度を上げていたため、減速ができなかったことも被害を大きくした。

この区間では、信楽鉄道側がJRや運輸省(当時)に報告無で信号設備改修工事を行っていたこと、JR側も信楽鉄道に無断で優先標識を設置したことなど、両社の意思疎通が欠落していた。

平成11年の一審公判で、信楽鉄道とJR西日本双方に過失があったと認定した。この判決を信楽鉄道は認めて結審する。だが、JR側はこれを不服として、JR西日本のみ控訴をしたが、平成14年の控訴審でも同社の過失を認定する判決がでてJR側は控訴を取りやめた。

ホーム

inserted by FC2 system