藤本事件


−経緯−

昭和26年8月1日、熊本県菊池郡水源村役場・衛生係の藤本算さん(当時50歳)の自宅に竹に取り付けたダイナマイトが投げ込まれた。ダイナマイトは完全に爆発することはなかったため算さんと子供は奇跡的に10日間の軽傷で済んだ。

警察は、算さんに「恨みをもつ」者の犯行とみて捜査を開始した。その結果、算さん本人や役場関係者から「ハンセン氏病を県当局に通報された事で算さんを恨んでいる男がいる」ことを掴んだ。この男は同村に住む藤本松夫でハンセン氏病の認定患者だった。

当時、ハンセン氏病は伝染する難病として認知されており、行政はリスト管理と隔離収容を義務化していた。このため、同役場の算さんが県に通報したため隔離収容されることに不満をもった松夫が犯行に及んだと警察は断定し、殺人未遂と火薬類取締法違反の容疑で逮捕した。

この逮捕は証拠が皆無で松夫にダイナマイトの知識は無く入手経路も解明されないままだった。翌年の昭和27年6月9日、熊本地裁は松夫に懲役10年の実刑を言い渡しハンセン氏病療養所「菊地恵楓園」へ収容した。だが松夫は同年6月16日に療養所を脱走した。

松夫脱走中の7月1日、算さんが全身20数ヶ所を刺されて死亡する事件が発生した。警察は松夫の犯行と断定し行方を追った。ハンセン氏病を患っている松夫に長期逃亡ができるはずもなく、松夫は間もなく逮捕された。

松夫は取り調べで無実を訴えたが昭和28年8月29日、熊本地裁は松夫に死刑を言い渡した。松夫は控訴するものの高裁も一審判決を支持、昭和32年8月23日、最高裁でも一審を支持して松夫に死刑が確定した。

−再審請求と差別問題−
これに対して、全国のハンセン氏病患者や中曽根康弘(元首相)ら政治家などが「藤本松夫を救う会」を発足し再審請求活動を続けた。「救う会」が松夫を無実とする根拠として、@松夫の上着には血痕が付着していなかった、A凶器がカマ・刺身包丁・短刀と三転した、B松夫のタオルに付着していたA型の血液は被害者も松夫も同じA型であり、被害者の血液とは断定はできない。これらの状況から松夫を犯人と断定することは出来ないとした。

だが、三回目の再審請求が棄却された翌日の昭和37年9月14日、福岡刑務所で死刑が執行された。この事件は無実の死刑執行の疑いがあることと差別問題に発展したことで世論の声が高まった。特に差別問題では、松夫が療養所を脱走した後の逮捕では巡査がピストルを発砲、松夫の右腕を貫通した。だが、ハンセン氏病への恐怖から十分な手当てをすることもなく取り調べが強行された。また、公判でも裁判官らは感染を恐れてゴム手袋をはめて記録をめくるのも箸を使うなど極めて異常であった(と言っても、この当時はハンセン氏病に関する認知はこの程度であった)。


ホーム

inserted by FC2 system