青山学院大生・殺人事件


−経緯−
平成6年2月18日、東京都世田谷区のアパートで青山学院大学4年生の松本浩二さん(当時23歳)が血を流して死んでいるのを訪ねてきた叔母が発見し警察に通報した。

大阪の母親が「浩二と2日前から連絡が取れない」と東京に住む妹(浩二さんの叔母)に連絡。不審を抱いた叔母は浩二さんのアパートを訪ねて大家に事情を説明。部屋を開けると浩二さんは体をロープで縛られ口はガムテープで塞がれて刺し殺されていた。

警察は、現場検証・聞き込み捜査を開始した。松本さんの知人に対する事情聴取で金や女性関係など一切問題が無かった。むしろ、誰にも好かれる松本さんの性格は周りから高い信頼を得て「恨みを買う」ことなど考えられなかった。

一方警察は、周辺捜査で同アパートに住む学生から「事件の2日前に松本さんの部屋の隣から不審な若い男女が出てきた」という証言を得た。そこで警察は松本さんの隣の部屋を家宅捜査したところ、血痕が発見された。この部屋の住人も大学生で、彼は宮崎県に帰省していた。

早速、この学生に事情聴取したところ、犯行当日は実家におりアリバイは成立。が、彼は<以前、付き合っていた女がヤクザ風の男と連れ立ってきたことがある。この時、金を脅し取られたため怖くなって帰省している>と証言した。警察は、この男女が事件2日前の不審な若い男女とみて行方を追った。

一方、静岡県熱海の別荘で不審な男女がガスボンベを爆発させて火傷を追った。この2人は、無職・出水智秀(当時20歳)と無職・飯田正美(当時20歳)であった。2人は無断で別荘に侵入しガス自殺しようとしたが死にきれず、出水がタバコに火を点けた途端爆発したことが判明した。

熱海署で事情聴取を受けた飯田は東京・世田谷の青山大生殺害事件を供述した。また、この飯田が宮崎県に帰省している大学生と中学時代から最近まで付き合っていたことも判明した。

−理不尽な動機−
出水と飯田は名古屋で知り合った。出水は少年院を退院して工事会社に勤務していた。2人は交際を重ねながら40件以上の窃盗を繰り返していた。その後、2人は以前付き合っていた学生を脅して金を巻き上げようと再び、東京・世田谷のアパートを訪ねた。事前に察知していた学生は実家の宮埼に帰省していたため不在だった。そこで出水はベランダ側にある雨どいを伝って部屋に侵入しドアを開けて飯田を招き入れ、勝手に生活を始めた。

2月15日、2人は<隣の学生(松本さん)を脅して金を巻き上げよう>と相談。飯田が、松本さんのドアを叩いて「換気扇の修理」をお願いした。快く引き受けた松本さんが部屋に入ると出水からナイフで脅され金を強奪された。

出水は飯田に松本さんとセックスすることを強要。両手・両足を縛られナイフで脅された松本さんは無抵抗の状態。やがて、飯田が歓喜の声を上げると、これに嫉妬した出水が松本さんの腹にナイフを突き刺し、その後飯田も荷担して殺害した。9月5日東京地裁は出水に無期懲役。飯田に懲役15年を言い渡した。この時、飯田は妊娠9ヶ月。判決から1ヵ月後の10月に獄中出産した。

−大空を夢見た松本さん−
松本さんは、大学の卒業が決定。さらに「パイロット」になりたいという夢が叶い4月から宮崎県の航空大学に進学する予定だった。何の落度も無い松本さんは、いとも簡単に殺されて大きな夢は消え去った。この2人が居なかったら、今頃は国際線パイロットとして大空を飛んでいたであろう。


ホーム

inserted by FC2 system