豊川・高校生経験殺人事件


−経緯−
平成12年5月1日午後6時20分頃、愛知県豊川市の主婦・筒井喜代さん(当時65歳)が自宅の玄関先で血だらけで倒れているのを帰宅した無職で夫の弘さん(当時67歳)が発見した。その直後、部屋から若い男が刃物を持って飛び出してきたため弘さんと揉み合いになった。弘さんは軽傷を負いながら懸命に取り押さえようとしたが男は逃走した。

喜代さんは病院に運ばれたが間もなく死亡した。喜代さんは刃物で何十箇所も刺されており、さらに頭部は鈍器で殴打され骨折していた。あまりにも惨い殺され方に捜査本部は「怨恨による犯行か」と見られたが事件は意外に早期解決をした。

犯人は、決定的な遺留品を殺害現場に置いていった。それは、生徒手帳の入った学生カバンであった。捜査本部は、早速学生手帳の持ち主である私立高校3年生のA(当時17歳)の行方を追った。一方、事件から翌日の2日、Aは名古屋駅の交番に「豊川の事件をおこしました」と出頭してきた。警察は事情聴取後、Aを殺人容疑で逮捕した。

−不可解な犯行動機−
Aの犯行動機は社会に衝撃が走った。逮捕後の取調べでAは「人を殺してみたかった」、「人が死ぬところをみたかった」、「自分にとって人を殺す経験は絶対に必要だった」、「未来ある人は避けたかったので老女を狙った」などと淡々と冷静に供述した。

Aは人を殺すのに未来がある人以外は誰でも良かったと語っており、犯行当日はたまたま筒井さん宅の玄関が数センチ程度開いていたため押入ったと自供した。

Aは学校の成績は良く、クラスでも1〜3位と上位。テニス部に所属し熱心に部活に取り組んでいたり性格もリーダ的存在で、学校の教諭や友人達はAの犯行を信じられないと証言した。

精神鑑定で、鑑定医はこの犯行を「純粋殺人」と指摘し(殺人のための殺人であって動機はなく不条理な行為)と位置付けた。凡そ犯罪史上でも稀なケースと言える。結局、Aは責任能力ありとして家裁に送致された。これに対して弁護団は、「鑑定は少年心理に迫っていない」として再鑑定を要求するなど純粋殺人に対して司法も揺れ動いた。


ホーム

inserted by FC2 system