奈良・月ヶ瀬村、女子中学生殺人事件


−経緯−

平成9年5月4日奈良県・月ヶ瀬村で卓球大会から帰宅途中の中学2年生・浦久保充代さん(当時13歳)が行方不明となった。心配した家族が警察に届ける一方、通学路の周辺を捜し歩いた。

警察も現場に到着し付近の捜査を始めたところ、自宅近くの県道で充代さんの物と思われる靴を発見。発見現場にはタイヤ痕とガードレールには血痕が付着していた。さらに近くの公衆トイレから切り裂かれたジャージと血痕が付着したダウンベストなどが発見された。

警察は、ひき逃げと何らかの事件に巻き込まれた可能性もあるとみて両面捜査を開始した。事件現場の月ケ瀬村は奈良県の東北部に位置し豊かな自然をいただく山間部。事件などめったに起きない同村に衝撃が走った。

警察は、地元住民から不審な人物が居なかったか聞き取り調査を開始した。その結果、同村で無職の丘崎誠人(当時25歳)が大型の四輪駆動車で遊び歩いているとの情報を得た。一方、テレビ・ラジオ・新聞などの報道陣も同村に押しかけてきた。連日の住民の聞き込みや証言などを基に報道陣も丘崎が怪しいとマークを始めた。記者が直接本人にインタビューすると丘崎は捜査に協力するような回答をしていた。

7月25日午前3時過ぎ、奈良県警は丘崎を略取誘拐の容疑で逮捕した。逮捕当初、丘崎は犯行を否認していたが、充代さん失踪後に売却した四輪駆動車の後部座席から発見された血痕のDNAが充代さんのものと一致した事、ジャージに付いていたタイヤ痕が丘崎の四輪駆動車のタイヤと一致した事、ダウンベストに丘崎と同じ血液型の毛髪が発見された事などが判明。8月1日、奈良県警はこれらの証拠に基づき丘崎を厳しく追求した結果、丘崎は犯行を自供した。

−謎の自殺−
丘崎は犯行の動機について「四輪駆動車を運転中、帰宅途中の充代さんを発見した。そこで顔見知りである充代さんに『家に送ってあげる』と声をかけたところ無視された。そこで腹が立って、歩いている充代さんの背後から車ではねて、近くの公衆トイレ付近で石を使って殴打して殺害。その後10キロ先の三重県御斉峠付近で遺体を捨てた」と自供した。

公判で、丘崎は「村からの差別を度々受けていた。その鬱積が犯行に至った」と主張した。確かに、丘崎の自宅は村外れで日陰の土地に立っていた。家計は困窮を極めていたという。だが、検察側は「差別を受けたという供述内容は身勝手で、本人自身もそれを感じていたとは認められない」と主張した。

平成12年6月14日大阪高裁は一審の懲役18年を破棄して無期懲役を言い渡した。その後、刑が確定した丘崎は平成13年9月4日、収監先の大分刑務所で自殺した。動機は不明で遺書も無かった。


ホーム

inserted by FC2 system