岐阜・教え子殺人事件


−経緯−
昭和61年10月14日夜、岐阜県羽島市の自動車中古販売店の駐車場で若い女性の黒焦げ死体が発見された。警察が焼死体から指紋を採取し照合した結果、死体は鷲見(すみ)敬子さん(当時22歳)であることが判明した。

10月19日、鷲見さんの銀行口座からキャッシュカードで現金36万円を引き出した男がいた。警察は、この男が犯人と断定し、防犯カメラに写っていた男を捜査した。その結果、この男は岐阜県立の工業高校教諭で美術担当の久世繁仁(当時38歳)であることが判明。久世と共犯のA子(当時22歳)を殺人容疑で逮捕した。

久世は昭和54年4月に他校から郡上北高校に転任した。この時、鷲見さんとA子は教師と生徒の関係として出会うことになる(鷲見さんの1年後輩がA子)。久世は、一般の教諭とは異なり、服装から持ち物まで派手でいわゆるルックスが良いことで生徒に人気があった。一方、生徒に対するえこひいきが激しく、女性に対する性的暴力や強要が度々見受けられ教師としては問題視されていた。

鷲見さんは高校を卒業する昭和57年3月頃に久世と深い関係になった。久世は、鷲見さんにモデルの会社を紹介したが、僅か数ヶ月間で辞めてしまった。その後、久世の強い要請で「ソープランド」に勤めるようになった鷲見さんは、容姿端麗であるため人気No1としてかなりの高給を得るようになった。

結局、鷲見さんは昭和61年までの約2年間で2000万円を久世に貢いでいた。久世は、この金をベンツ、ランドクルーザやローレックスの腕時計などを購入し、自身の給与取得額とは不相応な派手な生活をしていた。これに怒った鷲見さんは、久世に「奥さんと別れて、一緒になって欲しい」と迫った。一緒になれなければ、今までのことを学校や奥さんに全て告白すると言われた久世は、鷲見さんに殺意を抱いた。

−残虐な犯行−
犯行3日前の10月11日、久世は愛車ランドクルーザに前もって用意していた木箱に適当な理由をつけて鷲見さんに入るよう指示した。その時、隠し持っていた金槌で鷲見さんの頭部を殴打し蓋を絞めて鍵をかけた。その後、勤務先の学校に行き美術室に木箱を運んで蓋を開けたところ、鷲見さんはまだ生きていた。「何でも言うことを聞くから、命は助けて」と哀願する鷲見さんに、久世は冷酷にもクッション、タオルなどを押し込み、窒息させた。

久世は鷲見さんの死体が入っている木箱を3日間、美術室に置いて平然と授業を続けていた。が、3日後の14日になって異臭がするため、もう1人の愛人であるA子を誘って、木箱を岐阜市内の中古販売店の駐車場で鷲見さんの遺体にガソリンをかけて燃やした。

昭和62年12月8日、岐阜地裁は久世に対して懲役15年、A子に対して懲役1年6ヶ月・執行猶予3年を言い渡した。検察側は判決は不当として控訴した。昭和63年6月21日、名古屋高裁は一審判決を破棄して、久世に対して無期懲役を言い渡した。平成2年2月23日、最高裁は久世の上告を棄却して、久世の無期懲役が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system