上尾事件(国鉄・順法闘争)


−経緯−
昭和48年3月13日午前7時20分、国鉄(現、JR東日本)の高崎線・上尾駅(埼玉県上尾市)に篭原発上野行きの上り普通電車(12両編成・松本運転手)が定刻より10分遅れでホームに入ってきた。所が、この電車は既に満員で上尾駅から乗車しようとした乗客が乗れない状態となった。更に超満員のためドアが閉まらず立ち往生。そこへ後続の前橋発上野行きの普通電車も超満員の状態で反対のホームに入線してきた。

両電車共、上野駅までの運行は無理と判断した駅員・乗務員は「両電車共、大宮駅で運転を打ち切る」と構内・車内放送した。これに激怒した通勤客達は、運転席に押しかけて運転手に詰め寄った。更に、運転席の窓ガラスやヘッドライトなどを破壊しはじめた。これが発端となり、暴動が波及していった。他の通勤客達はホームの駅員に暴行を加え、駅長室になだれ込んだ。

身の危険を感じた駅長、駅員、乗務員らは職場を放棄して近所の民家に逃げ込み上尾駅は無法状態となった。午前10時頃には、電車内の乗客と上尾駅で乗車する予定だった乗客合わせて1万2000人が「国鉄職員を見つけたらぶっ殺せ」と奇声を上げて駅長室、改札、電車など手当たり次第破壊した。

一方、警察も通報を受けて警官70人と機動隊が現場に駆けつけたが、圧倒的人数の暴徒化した乗客には手がつけられない状態だった。更に、上尾駅の前後の駅に暴動は波及し、鴻巣駅、北本駅更には隣の東北本線の各駅まで暴動が広がった。午後12頃、バスの振替輸送が軌道に乗り暴徒は鎮圧されていった。この事件で、上尾駅長が全治5日間の怪我を負い、券売機、信号、車輌、事務所などが破壊され現金20万円も奪われた。その結果、工員ら7人が公務執行妨害、窃盗などで逮捕された。結局、この日は11時間にわたって全線不通となる最悪の事態となった。

−原因と順法闘争−
昭和40年代は、人口が東京から郊外へ一気に膨れた時代だった。高騰する土地故に郊外の一戸建てを購入したサラリーマンが朝の通勤時間帯に東京へ向かう為、電車はいつも超満員であった。高崎線も連日200%を超える乗車率で超満員の状態だった。

一方、国鉄は職員が「合理化反対」「首切り反対」と連日争議を繰り返していた。だが、国鉄職員は国家公務員であるためストライキ権が無い。このため、「法規を順守する」という戦術=「順法闘争」と名付けて、安全運転のための規定を厳格に行い、些細なことでも徐行・停止を繰り返して事実上のストライキを実行した。これにより運行ダイヤは大幅に乱れて、ホームでは、定刻通りに来ない電車を待つ乗客で溢れていた。

上尾駅でも、連日ホームに通勤客が溢れイライラは限界を超えていた。それに加えて、当時の国鉄職員の横柄な態度が拍車をかけて本暴動に繋がった。事態を重く見た国鉄の労使双方はトップ会談を開き事態収拾に向けて協議を再開した。が、結局話し合いは纏まらず、組合側は更に順法闘争を続けていった。


ホーム

inserted by FC2 system