藤沢・悪魔払いバラバラ殺人事件

注)猟奇的な内容が含まれ、気分を害することもあります。不要の場合は読まないで下さい。


−経緯−
昭和62年2月25日、神奈川県警藤沢北署員は横須賀市のロックミュージシャン・茂木政弘さん(当時32歳)の殺人及び死体損傷の現行犯で妻の美幸(当時27歳)と政弘さんのいとこで鈴木正人(当時39歳)を逮捕した。

茂木さんは、横須賀を中心にライブハウスで活動しレコードも出した実績のあるロックバンドのリーダだった。殺害される前、茂木さんと妻の美幸は挙動不審な言葉を発していたため不安を感じたバンド仲間が、2人がよく訪問していた茂木さんのいとこで藤沢市の不動産業・鈴木正人宅のアパートを訪ねた。部屋に入ると美幸と鈴木は茂木さんの死体を切り刻んでいるのを発見。110番通報し現行犯逮捕されたのだった。

美幸の供述によると、日頃「自分に神が降りた」と言っていた鈴木が、夫の茂木に対して「悪魔が取り憑いている」と言い出した。茂木さんと鈴木は子供の頃から仲が良く、いつも一緒に遊んでいた。その鈴木から「この世の悪魔を払う曲を作れるのは政弘しかいない」などと言われて、殺害される数日前から鈴木のアパートで泊り込みで曲を作っていた。

2月20日、鈴木は「茂木に憑いた悪魔を払う」と互いに正座して目を見つめ合う。もし、茂木が目をそらしたら悪魔が出ていった証拠だといった。が、茂木は目をそらすことは無かった。22日午後、鈴木は「悪魔が内臓に憑いていて出て行かない。肉体が死ななければ悪魔も死なない」と言い出し、途中から加わった美幸に茂木さんの手足を押さえさせて鈴木が茂木さんを絞殺した。

その後、鈴木と美幸は死体を頭部・胴体・足に3分割し、腹部を切開し内臓を取り出す。塩で清めながらハサミで肉を殺ぎ落とし、台所の排水溝から洗い落とした。アパートの排水溝は肉片で詰まり側溝には内臓や肉片が散らばっていた。藤沢北署員が発見した時は、茂木さんの死体は腰の部分を残して殆どの部分の肉がそぎ取られ骨だけになっていた。

−公判−
横浜地検は「責任能力あり」との精神鑑定結果を受けて2人を昭和63年6月23日に起訴。平成4年5月13日、横浜地裁は鈴木に懲役14年、美幸に懲役13年を言い渡した。美幸は確定。鈴木は控訴したが控訴棄却となっている。


ホーム

inserted by FC2 system