昭島・放火8人殺害事件


−経緯−
昭和32年10月27日午前2時頃、東京都昭島市の共同住宅の1階物置から出火、隣接住宅を含む1782平方メートルを全焼して1時間後に消火した。この住宅は、戦前の旧陸軍航空廠工員の合同宿舎として使用されていた古い建物であったため火のまわりが早かった。このため、女性・子供8人が焼死、重軽傷者6人、34世帯134人が焼け出されるという大惨事となった。

警視庁と昭島署は、半年前の4月7日にも同じ共同住宅の物置からボヤ騒ぎがあったことから、今回も放火の疑いがあるとみて捜査を開始した。そのボヤ騒ぎでは油が付いたロープとガソリン缶、蚊取り線香の遺留品があった。保管先の昭島署でこれらの遺留品の再調査を開始した。

更に、共同住宅の住人にも事情聴取を行った結果、同住宅に住む元自動車運転手の五十嵐正義(当時39歳)が4月7日のアリバイに不審な点があること、4月の時に60万円、10月には40万円と不相応な火災保険を掛けていることが判明した。昭和33年3月8日、警察は五十嵐を4月の放火未遂事件容疑で逮捕した。五十嵐は逮捕当初、犯行を否認していたが、翌月の12日までに4月の放火未遂と10月の放火事件について犯行を自供した。

−動機−
五十嵐の自供によると、「妻子5人を抱えて生活が苦しかったが、よくできる長男を東大に進学させてやりたいと有名私立中学に入学させたところ失業したため、保険金欲しさに放火した」というものだった。

昭和34年7月6日、東京地裁八王子支部は五十嵐に対して無期懲役を言い渡した。この判決に対して五十嵐、検察双方で控訴。昭和35年10月26日、東京高裁は五十嵐に逆転死刑判決。五十嵐は上告したが、昭和36年7月31日、最高裁は東京高裁の判決を支持して五十嵐に死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system