大分・一家6人殺傷事件


−経緯−
平成12年8月14日午前2時50分頃、大分県野津町の田園地帯にある集落で農業・岩崎萬正さん(当時65歳)の孫で高校2年の舞さん(当時16歳)が自分の携帯電話で「一家全員が刃物で刺された」と110番通報した。岩崎家は萬正さん、妻・澄子さん(当時66歳)、長女・智子さん(当時41歳)、智子さんの長女・舞さん、長男の中学2年・潤也君(当時13歳)、次男の小学5年・誠也君(当時11歳)の一家6人家族。

警察が岩崎宅に着くと6人は散々に倒れていた。澄子さん、智子さん、潤也君は首をメッタ刺しにされて即死。萬正さん、誠也君は重体、舞さんは軽傷を負った。警察は、軽傷の舞さんから事情を聴取した。その結果、岩崎宅の隣の高校1年のA少年(当時15歳)に任意同行を求め、警察署で事情聴取した結果、Aは素直に犯行を認めたため同日、殺人と殺人未遂の容疑で逮捕した。

−動機−
犯行のトリガーとなったのは、事件の1週間前に岩崎萬正さんがAの両親に「Aが家の風呂を覗いているようだ」と注意したのがきっかけだった。この時は、Aは両親に「絶対にしていない」と否定したが、実はAは以前から岩崎宅に侵入し女性の下着を盗んでいた。事件の前日、再び岩崎萬正さんがA宅に訪問したため、Aは「完全にバレる」と思い込み、「こうなったら岩崎家全員を殺してしまおう」と計画する。

午前12時頃、自宅からサバイバルナイフを持参して岩崎宅に着いたAは全員が寝静まるのを待って午前1時頃、風呂場の窓を割り侵入。サバイバルナイフで就寝中の6人に次々と刺した。
Aは事情聴取や家裁でも犯行の状況を淡々と供述したという。Aは少年法により家庭裁判所の判定で少年院送致となった。


ホーム

inserted by FC2 system