カクタホテル殺人事件


−経緯−
昭和42年10月16日、東京都品川区の「カクタホテル」208号室で、北海道室蘭市の会社員・平山房子(当時36歳)が首を吊って死んでいるのを同ホテルの従業員が発見した。部屋には平山の直筆の遺書2通があったことから自殺と断定した。

ところが、警視庁捜査一課が捜査した結果、平山は勤務先の岩川商会から額面1200万円の有価証券6枚を持ち逃げし室蘭警察署から業務上横領容疑で全国指名手配されていることが判明した。

一方、平山の死体が発見されたホテルの部屋からは、平山の所持金が14万円しかないこと、自殺するにしては身の回りをまったく整理していないこと、下着は穿いておらずベットの上に置かれていたこと(特に女性の場合、死体発見後を考えて恥ずかしくない身支度で自殺するはず)、コップ・灰皿などの備品から平山の指紋が一切検出されないことから不審を抱いた警視庁敏腕刑事「落しの八兵衛」こと平塚八兵衛は「他殺」と断定した。

早速、平山の周辺調査が始まった。同ホテルの従業員への事情聴取で《ホテルで滞在していた平山に、妹と称する女性が尋ねていた》ことが判明した。しかも、その女性は平山の死体が発見された日の前日から行方不明であることが判明した。

10月21日、警視庁と室蘭署の合同捜査班は平山の妹と称していたバーホステスの伊藤和子(当時22歳)を室蘭で逮捕した。室蘭署で伊藤を取り調べた結果、主犯はバー経営の和泉英雄(当時32歳)であることが判明した。

警察は和泉の指名手配を行った。が、和泉は青函連絡船上に遺書を置いて自殺を偽装したり各地を転々とするなど逃亡を続けた。翌年の昭和43年1月8日、警察は大阪市西成区のアパートで潜伏していた和泉を逮捕した。

−動機−
和泉は、室蘭市で美容室を経営している女性と婚約に近い交際をしていた。が、身持ちのよい、この女性と結婚するには「金が必要」と考えていた。そこで、離婚歴のある平山が岩川商会の経理課で勤務していることを知り「金を横領して逃亡しよう。2人でバーを経営しよう」と話を持ちかけた。さらに逃亡する際に女性2人の方が安全だろうと考えホステスの伊藤を平山に紹介し「姉妹に偽装」させて有価証券を換金後、九州へ逃亡させた。

和泉は伊藤に「旅先で平山が事故死したように見せかけて殺害」することを相談。これに乗った伊藤は九州で殺害するための工作を行ったが全て失敗。そこで、九州から東京に上京してカクタホテルに滞在。その直後、伊藤は平山の妹を装って同ホテルを訪ねる。

和泉は犯行前日に函館から空路で上京、偽名で隣の部屋へチェックインした。その後、和泉は平山がいる208号室を訪ねて「もうお前の犯行はバレている。いま北海道に帰ったら逮捕される。自殺に見せかけて逃亡するので遺書を書いておこう」と騙して岩川商会へ横領したことへの謝罪、元夫の実家への遺書、計2通を書かせた。

その後睡眠薬入りのドリンクを飲ませて、和泉と伊藤はホテルの浴衣に使う帯びで左右から平山の首を締めて絞殺。死亡を確認してから帯びを鴨居にまいて平山を宙ぶらりんの状態にした。和泉は208号室の備品には指紋を全て拭き取った。が、自分が予約していた部屋には睡眠薬入りの注射を置き忘れたり、和泉と伊藤の指紋を拭き取ることを忘れて北海道に逃げ帰った。

警視庁は隣部屋の指紋を検出し照合した結果、以前窃盗で逮捕したことがある和泉をすぐに割り出した。さらに和泉は平山と同郷の室蘭市であることから犯人と断定。和泉の雇われマダムだった伊藤の自供で全てが明白になった。昭和44年9月30日、検察は和泉に死刑、伊藤に無期懲役を求刑したが、昭和46年東京地裁は2人に無期懲役を言い渡し刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system