神戸大学院生・リンチ殺人事件


−経緯−
平成14年3月4日午前3時頃、神戸商船大学院生・浦中邦章さん(当時27歳)は友人のKさん(当時31歳)に車で自宅がある神戸市西区の県営団地に送ってもらった。車から降りた浦中さんは同じ県営団地に住む谷京子(当時35歳)と交友関係の広域暴力団系の佐藤高行(当時38歳)の二人連れと出会う。この時、佐藤が突然浦中さんに向かって「どこに車、停めてるんや!」と怒鳴り平手打ちした。このはずみで浦中さんのメガネが吹き飛んだ。

浦中さんは「何でメガネを飛ばすんや!」と佐藤に突っかかった。それを見ていたKさんも車から降りて佐藤ともみ合いになった。二人は殴られ、蹴られたりしながらも佐藤を取り押さえて携帯で警察に110番連絡をした。これを見ていた谷は浦中さんの携帯を取り上げ投げ飛ばした。更に谷は、佐藤の組事務所に連絡し応援要請をした。

谷からの携帯連絡で組事務所から富屋利幸(当時37歳)ら3人がもみ合っている現場に着いて、浦中さんKさんに殴る、蹴るの凄まじい暴行を加えて二人は殆ど意識を失いかけていた。

佐藤は、浦中さんを富屋らが乗ってきた車の後部座席に乗せるように命じた。Kさんは自分の車の後部座席に同様に乗せられた。浦中さんの110番通報(3時20分)から16分後にようやくミニパトで井吹台交番のS巡査部長(当時47歳)とK巡査(当時31歳)、西署のパトカーでF巡査部長(当時33歳)とN巡査(当時29歳)4人が現場に着いた。

警官たちは、興奮している佐藤、富屋らに「何があったんや?」と質問している。これに対して佐藤らは「知らんわい、帰れ」と怒鳴るだけで詳細状況の把握は困難であった。だが、パトカーの赤色ライトを見たKさんは自分の車の後部座席から降りて、血だらけの状態でパトカーに向かって逃げだした。パトカーの後部座席に乗ったKさんは一部始終をN巡査に報告した。この時、Kさんは「浦中さんは相手の車に拉致されているかもしれない」と告げている。

そこへ現場から一番近い有瀬交番からT巡査部長(当時39)、Y巡査(当時27歳)が駆けつけてきた。110番通報から20分も経過していた。T巡査部長は改めてKさんから事情を聴取。「Kさんの友人(浦中さん)のことは聞いたが、自宅に帰ったのではないか」と判断しT巡査部長を含めて現場に居た警察官全員が浦中さんの行方を捜索することは無かった。

この間、警官らは富屋が乗ってきた車の車内を点検することなく(スモークガラスでは無いので懐中電灯を照らせば後部座席で失神している浦中さんを即発見できたはず)、ナンバープレートを控えたのみであった。

結局、暴行傷害は明らかであったが現場の警官らは佐藤らに「後で交番に出頭して欲しい(任意)」と伝えて現場を後にしてしまった。

−凄惨なリンチ−
佐藤は富屋に交番に出頭することを命じて、佐藤と他4人は浦中さんを県営団地から2キロ離れた空き地に連れ出し金網に縛り付け、殴る蹴るの凄まじい暴行を加えて肋骨の全てと頭をザクロ状に割れる惨たらしいリンチを2時間もかけて行った。

一方、有瀬交番に出頭した富屋は「全て自分一人で暴行した」と供述。警官は簡単な調書を取っただけで富屋を解放。交番を出た富屋はその後、リンチに加わっている。3月5日午後4時20分頃、浦中さんは近くの川の浅瀬で死体となって発見された。

死体の身元が判明すると佐藤、富屋、谷らは即逮捕された。警察も、初動捜査に不備があったと認めて所轄署の田中東雄・神戸西署長(当時)ら10人の処分を発表したが、いずれも減給(100分の10)3ヶ月や訓戒など軽微な処分であった。

浦中さんの母親は平成15年4月17日、犯人の暴力団7人とともに県警を管轄する兵庫県を相手取り1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。すると一転、警察は「浦中さんの死は残念だが、捜査に問題は無かった」と繰り返した。

浦中さんにとって不幸だったのは「暴力団に絡まれたことより、付近にこのような警察官しかいなかったこと」だった。地元やマスコミは、この警官たちを「立ち去り警官」と呼んでいる。

-追記−
浦中さんの母親(64歳)が「警察が適切な捜査をしていれば息子の死亡は防げた」として警察らを相手取り1億4000万円の損害賠償を求めた訴訟で平成16年12月22日、神戸地裁は「適切な捜査をしていれば死亡は防げた」として捜査ミスと殺害の因果関係を全面的に認めて、県と佐藤組長らに9736万円の賠償を命じた」。捜査の不作為と被疑者死亡の因果関係を認めたのはこれが初めて。


ホーム

inserted by FC2 system