和歌山・毒入りカレー殺人事件


−経緯−

平成10年7月25日の夕方、和歌山県和歌山市園部地区の閑静な住宅街で開催された自治会主催の「夏祭り」で、住民が作ったカレーを食べた67人が嘔吐や気分が悪いと言って次々と倒れた。現場に救急車が到着するが、被害者の数に驚いた所轄の消防署は他管轄の消防署に応援要請し救護に向かった。

当初、カレーを食べた人が嘔吐や気分を害したため食中毒と見られた。翌日になって、病院に運ばれた自治会の会長(当時64歳)、副会長(当時54歳)、高校1年生の女子、小学校4年生の男子の4人が死亡。入院患者は63人にのぼった。

警察は、死亡した遺体や患者の吐しゃ物から青酸反応を検出したため食中毒事件から殺人事件に切り替えて捜査を開始した。捜査本部は事件から数日後、毒物は「亜砒酸」であると特定した。亜砒酸は致死量が体重1キロ当り2ミリグラムという猛毒で、この亜砒酸がカレーの鍋に250グラムも混入されていた。

事件から1ヵ月後、捜査本部は近隣で砒素の中毒症状を訴えている男性2人の存在を突き止めた。捜査官は、この男性に事情を聴取したところ、夏祭りでカレーを作る班の一人で、この男性2人にも度々家に招いて食事をふるまっていた主婦の林真須美(当時37歳)の存在が大きくクローズアップされた。

この男性らは、林宅で食事をご馳走になる度に帰宅途中、体がフラフラになったり体調不良を訴えていた。不審を抱いた捜査本部は林真須美と夫の健治(当時53歳)の身辺調査を行った。その結果、真須美が保険外交員だった頃、この男性2人に多額の生命保険を掛けて受取人を夫で元シロアリ駆除業の健治にしていたことが判明。さらに健治の友人関係者10数人に保険を掛けて、自宅に招いては亜砒酸入りの料理を食べさせて総額6億円の保険金を騙し取っていたことが判った。

9月頃には林夫妻が嫌疑を掛けられていることを知った報道マスコミは連日、林宅を取材するようになる。真須美、健治はインタビューで容疑を全面否認し事実無根であることを終始語っていた。

−逮捕と科学捜査−
10月4日、和歌山県警は林真須美、健治夫妻を保険金詐欺などの疑いで逮捕した。更に12月29日、和歌山地裁は真須美を殺人及び殺人未遂の容疑で起訴した。起訴状によると「真須美被告は事件当日の正午から午後1時頃までの間、夏祭り会場近くの民家のガレージに置いてあったカレー鍋に殺意を持って亜砒酸を混入した」とされている。

確かに、カレー鍋の見張り役として正午から午後1時頃の間、紙コップを持って鍋の周りをうろついていたという複数の目撃者証言、真須美の自宅排水溝から砒素反応が見つかったことなどの状況から判断して真須美の事件への関与は濃厚とみられる。

捜査本部は、林夫妻が事件の関与を否認しているため、更に最先端の科学的捜査を行う。兵庫県にある大型放射光(SPring−8)で真須美の毛髪、真須美宅の台所のポリ容器、事件現場から回収した紙コップ、健治がシロアリ駆除で使っていたドラム缶などを放射光の中性子を光の速度の何倍かの速さで物質に衝突させ、この時に発生する巨大なエネルギーの分析を行った結果、毒入りカレーに含まれていた亜砒酸と回収した各証拠品及び健治の毛髪から同様の亜砒酸が検出され、分析の結果犯行に使用された亜砒酸と同一であることが判明した。

平成11年5月の初公判で真須美は、保険金詐欺の一部は認めたもののカレー毒殺事件に関しては完全に否認した。平成12年10月20日、健治被告(当時)は真須美主導の保険金詐欺に荷担したとして懲役6年の実刑判決を言い渡された。

−今後の展開−
完全に否認する真須美に対して、地検では科学的捜査の実験結果や状況証拠で十分に公判を維持できると考えている。が、肝心の「動機」が明確になっていない。地検では、林夫妻は日頃から同地区の住民との関係が良くなかったこと、事件当日もカレーを作る班に参加しようとしたところ、周りの主婦たちから白い目で見られた。真須美はこれに激昂し亜砒酸をカレーに混入したのが動機と述べている。が、この動機は殺人を犯すには少々物足りない感がある。

平成14年12月11日、和歌山地裁は真須美被告に死刑を言い渡した。真須美被告は一審の判決を不服として大阪高裁へ控訴。平成16年4月20日、控訴審初公判。平成17年6月28日、大阪高裁は真須美被告の控訴を棄却して一審の死刑判決を支持した。これに対して、真須美被告は上告した。

平成21年4月21日、最高裁は、(1)カレーに混入されたのと組成上の特徴が同じ亜砒酸が、被告の自宅などから発見されている。(2)被告の頭髪からも高濃度の砒素が検出され、付着状況から被告が亜砒酸などを取り扱っていたと推認できる。(3)夏祭り当日、被告がカレーの入った鍋のふたを開けるなどの不審な挙動をしていたことも目撃されていることなどを指摘。動機は解明されていなくても死刑判決に左右されるものではないと断じて、真須美被告の上告を破棄した。この結果、真須美被告に死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system