混血少年・連続殺人事件(警察庁指定106号)

(注:混血という呼称は差別的要素が含まれますが、当時の「事件名」として使用いたしました)


−経緯−

昭和41年12月13日、愛知県豊橋市で主婦の安藤和子さん(当時24歳)が自宅の浴槽に頭から逆さに突っ込まれた状態で死んでいるのを帰宅した夫が発見した。和子さんは妊娠9ヶ月で、服を着たまま浴槽に入れられ乱暴された痕跡があった。犯人は、現金2万円を強奪後、逃走した。

その14日後の27日、千葉県我孫子市の新興住宅街に住む渡辺淑子さん(当時28歳)が両手・両足を縛られて死亡しているのを帰宅した夫が発見。同じく乱暴された痕跡と現金2万4000円を強奪されていた。

更に、年が明けて昭和42年1月16日、山梨県甲府市の渡辺喜美さん(当時25歳)が全裸で首を絞められて鴨居からぶら下がっているのを帰宅した母親が発見した。同様に乱暴された痕跡と現金1万円を強奪されていた。

1月23日、警察は愛知・千葉・山梨の3県で発生した殺人強盗事件は、いずれも犯行手口が似ていることから同一犯人と断定し「広域重要指定106号」に指定した。

−犯人の特徴−
捜査本部は、3県で発生した現場付近で不審な人物がうろついていた男に「共通した特徴」があることをつきとめた。それは、「20歳前後で顔の色が褐色、ちぢれ毛で背が高い」という事だった。

広域重要106号を指定した1月23日、千葉県柏駅で犯人の特徴にそっくりな不審人物を駅前交番の警官が職務質問をした。任意同行で警察署に連行し事情聴取をしたところ、男は塚本隆一ことA少年(当時16歳)で犯行の一部を認めたため殺人容疑で逮捕した。

−A少年の生い立ち−
Aは昭和25年に宮城県塩釜市で出生。母親は日本人、父親は米国塩釜基地所属の黒人米兵。その後、父親は朝鮮戦争で戦死。母親は、白人米兵と再婚しAを残して渡米した。残されたAは母親の祖母に引き取られ育てられた。

小・中学校の在学中、ちぢれっ毛で褐色の肌は「いじめ」の対象となった。が、Aは大きな体躯にものを言わせて暴力を振るい更に孤立するという悪循環に陥った。やがて登校拒否をするようになり窃盗で補導される。家裁の判断で少年救護院に入れられたが、この時、優しく接したのが寮母の塚本さんで、Aは塚本さんだけには心を開いた。自分の理想の母親と思ったのかAはそれ以降、自分の名を塚本隆一と名乗っていた。

社会は、特徴のあるA少年に対して受け入れることは無かった。Aは「こんな自分を生んだ実の母親を恨む」ようになる。救護院を脱走し窃盗を繰り返しながら、「若い女性が憎くてならなかった」と殺人を繰り返した。

Aは、窃盗・同未遂・住居侵入・強盗強姦・強盗殺人罪で起訴された。昭和47年9月9日、千葉地裁は死刑が相当ながら犯行時16歳であり少年法を適用して無期懲役を言い渡し確定した。


ホーム

inserted by FC2 system