横須賀線・爆破事件(警察庁指定107号)


−経緯−
昭和43年6月16日午後3時30分頃、国鉄・横須賀線(現、JR東日本)の横須賀駅折り返し東京行き電車(10輌編成)が大船駅から100メートルの踏切にさしかかった時、6両目の網棚の荷物が爆発した。車輌は天井、窓、座席などが破壊され網棚の真下に座っていた会社員のAさん(当時32歳)は病院に運ばれたが午後10時過ぎに死亡。その他、左腕切断など14人が重軽傷を負った。

翌日の17日、警視庁は神奈川県警との協議で「広域重要107号」として指定。神奈川県、東京都、千葉県その他の広域捜査を開始した。
現場の捜査で、爆発があった網棚の周辺から乾電池、紙箱、ゼンマイ、リード線などの破片が散らばっていた。このため、犯人は時限爆弾を網棚に乗せて無差別殺人を謀ったと断定。これらの遺留品の調査が開始された。

まず、時限爆弾の容器として利用した紙箱を復元すると名古屋市の菓子製造販売店の最中の箱であることが判明した。次に乾電池ボックスの部品はクラウン社製のテープレコーダでロット検査製造番号から1000台前後の出荷台数で、顧客カードから購入者の氏名と住所が判ることが判明した(勿論、顧客カードをクラウン社宛てに投函していなければ不明だが)、第三に爆薬を包んでいたと見られる紙片を復元すると4月17日付けの毎日新聞でしかも固有の印刷ズレにより八王子市、立川市、日野市に限定される地域に配達された新聞であることが判明した。

捜査本部は、この多摩地区の住民を対象に上記条件に当てはまる人物の捜査を開始した。更に爆薬(火薬)の購入という点から銃器の取り扱いに熟知している者の犯行とみて猟銃許可免許を所持している人物に絞った。

この結果、大工・若松善紀(当時24歳)を容疑者と断定。11月19日、東京都千代田区のマンション現場の宿舎に就寝中のところを任意同行を求め同日の午後、犯行を自供した。このため、捜査本部は若松を殺人、殺人未遂、船車覆没致死その他の容疑で逮捕した。

若松は犯行当時、日野市に住んでいたこと、猟銃免許を取得していること、若松の住んでいた家の隣家から名古屋のお土産として最中10個入りの菓子を受け取っていたこと、毎日新聞を定期購読していたことなどが決め手となった。

−動機−
若松は昭和18年8月に山形県尾花沢市で出生。父親は戦死していたため家は困窮を極めた。若松は子供の頃から手先が器用で図工が得意だったという。いずれは建築士にと思っていたが、経済的な理由で高校進学は諦めて昭和35年8月に上京。工務店で大工見習として働くようになった。

昭和42年頃、若松は山形県の幼馴染のM子さんと出会う。この頃、M子さんは母親と神奈川県戸塚市で二人暮しだった。二人は初めてのデート以降、M子さんが若松の当時住んでいた新宿区西落合のアパートに頻繁に来るようになった。やがて二人は結婚の約束をするようになる。

ところが、若松の母親がこの結婚に猛反対したためM子さんは若松の先輩で同じ大工仲間のAさんに相談するようになった。M子さんとAさんは、急速に親しい間柄になったことを知った若松は焦燥しだす。そこで若松は日野市に一戸建ての借家を契約しM子さんと同棲することを決意した。が、M子さんの気持ちは完全にAさんに傾いていた。この結果、若松はM子さんと離別することを決心し10月には勤めていた工務店を退職し新たに川崎市の工務店に転職した。

翌年の昭和43年6月16日は日曜日で雨だった。若松は、ふとM子さんのことが心によぎった。「雨の日曜」であればAさんも大工仕事は休みだろう。すると今日はM子とAさんはアパートで楽しいひと時を過ごすのであろう。急激に嫉妬と孤独感が若松の心に押し寄せてきた。

「横須賀線が無くなれば!(M子はAに会えない)」
若松は以前から考えていた時限爆弾の製作を始めた。そして東京駅で横須賀行きの列車の網棚に3時30分にセットした時限爆弾を乗せたのだった。

昭和44年3月20日、横浜地裁は若松に死刑判決を言い渡した。昭和45年8月11日、東京高裁は若松の控訴を棄却し一審の死刑判決を支持。昭和46年4月22日、最高裁は若松の上告を棄却し死刑が確定した。昭和50年12月5日、東京拘置所で死刑執行。享年32歳だった。

画像 画像
破壊された車輌 犯人の若松


ホーム

inserted by FC2 system