歌舞伎俳優・片岡仁左衛門一家殺害事件


−経緯−

昭和21年3月16日朝、東京都渋谷区千駄ケ谷の自宅で歌舞伎俳優の12代目・片岡仁左衛門(当時65歳)と元日活女優の妻・登志子(当時26歳)、三男(当時2歳)、お手伝いの榊田はる(当時69歳)、岸本まき子(当時12歳)の5人が薪割りでメッタ打ちにされ殺害されているのが発見された。

警視庁捜査本部が現場検証を実施するとともに、同居人で被害者のまき子の実兄の飯田利明(当時22歳)が行方不明であることが判明。捜査一課は飯田が犯行の実行犯とみて全国に指名手配をおこなった。その結果、4日後の20日、宮城県川渡温泉の旅館に宿泊しているところを逮捕し犯行を自供した。

−食い物の恨み−
飯田は東京の浅草で出生。商業高校を卒業後、大阪へ養子に行き岸本姓から飯田姓となった。終戦後、徴用先の北海道から復員してきたが、浅草の自宅は戦災にあい妹のまき子以外は全員が死亡していた。まき子は父親が仁左衛門の座付作者であった縁から、仁左衛門の住込みのお手伝いとして働いていた。これがきっかけで、飯田も仁左衛門宅に座付見習作者として同家に住込むこととなった。

が、実際同居してみると仁左衛門一家との差別は著しく、自分の権利であるはずの配給米なども仁左衛門一家に搾取されていた。いつも空腹だった飯田は次第に恨みを抱くようになる。

事件前夜、仁左衛門夫婦と些細なことから喧嘩。飯田は「妹だって子守ばかりで学校にも行けず、食事は配給のメリケン粉だけで米の飯を食わせないじゃないか」と食ってかかった。すると仁左衛門から「もう、おまえのような者は家にはおけない。出て行け」と罵倒された。寝付かれぬまま朝を迎えた飯田は、偶然廊下にあった薪割で仁左衛門の部屋に侵入。「こんちくしょ」と就寝していた仁左衛門の頭上に振り下ろした。

気が動転した飯田は、あとはメチャクチャに薪割りを振り回し、妹を殺害したことも、妹が疎開していた川渡温泉にどのように逃亡したのかも記憶に無い状態だった。犯行現場には殺害後、ザラメ砂糖をかけた飯を食べた形跡があったが飯田にはそれさえも記憶に無かった。

裁判では、飯田の精神状態が「焦点」となった。鑑定で飯田には「寝ぼけ癖」があることが認定されたため検察側の死刑求刑から減刑。無期懲役が言い渡されて確定した。

画像
12代目・片岡仁左衛門


ホーム

inserted by FC2 system