光クラブ事件(アプレ犯罪)


−経緯−
昭和24年11月24日午後11時50分頃、東京大学・法学部学生で銀座のヤミ金融会社「光クラブ」社長の山崎晃嗣(当時26歳)は光クラブの社長室で青酸カリをあおり自殺した。山崎は「人生は劇場だ」と自殺まで演出した死であった。

山崎は大正12年10月に千葉県木更津市で5人兄姉の末弟として出生。祖父・父・兄達がいずれも医師で地元では有名な名家だった。山崎はその兄達が入れなかった一高に入学。毎日15時間の勉強で東大法学部に入学。在学中の成績は2年間で20科目中17科目で「優」を取得するトップクラスの学生だった。

山崎は昭和19年に学徒出陣、戦後間もなく復学した。この頃、山崎は株投資で日本医大の学生と意気投合。昭和23年9月に中野で金融会社「光クラブ」を設立した。月1割3分という高い利息を払うことで出資者を募り、集めた金を月2割1分から3割の高利で貸し付けた。

山崎は東大や中大の学生を役員に据えて、返済しない顧客に「契約」をたてに取り立てた。その結果、光クラブは設立から3ヶ月間で1000万円の大金を動かすまでになった。翌24年1月、光クラブは中野から銀座に進出する。この頃同社は資本金600万円、株主400人、社員30人に急成長した。

「年中無休!!天下の光クラブは精密な科学的経済機関で日本唯一の金融株式会社です」というキャッチコピーを新聞広告で大々的にPR。東大生の社長と新世代をイメージする「光クラブ」というネーミングが評判を呼び、銀座に移転してから3ヵ月後には月商5000万円に達する空前絶後の成長を遂げていく。

−アプレ犯罪のはしり−
光クラブの未曾有の急成長はわずか1年で崩壊する。昭和24年7月に山崎はヤミ金融の容疑で京橋署に検挙された。この時、山崎は「人生は劇場だ。ぼくはそこで脚本を書き、演出し、主役を演じる。その場合、死をも賭けている。もっとも、死そのものを僕はそれほど大仰に考えていませんけどね」と供述している。

山崎は9月処分保留のまま釈放されたものの光クラブの運営は滞り、出資者から出資金の返済を迫られ11月24日前述の通り自殺した。返済期日は11月25日であった。山崎は遺書に「貸借法、全て‘清算カリ‘自殺」、「私は行き詰まったからでも、債権者に死んでお詫びするというセンチメンタリズムで死ぬのではない。契約は人間と人間を拘束するもので、死人という物体には適用されぬ。そのために死ぬ」と遺されていた。

山崎は「アプレ犯罪のはしり」と言われた。アプレとは「戦後(の世代)」を意味するフランス語でアプレ・ゲールを略した当時の流行語。感じやすい年頃に終戦を迎え、青春真っ盛りの若者達に現れた既成の価値観への拒否姿勢。ときに無軌道に走る行動、享楽本位の行き方といった特質を広くさして言う。

昭和25年6月に発生した「オーミステーク事件」の山際などもアプレ犯罪と称された。このような観点から光クラブの山崎は、東大のエリート学生で卒業後は官庁か銀行、大手会社に就職すると当然世間が思うのに反して、ヤミ金融の社長として莫大な資金を得ていたことに世間の驚きは大きかった。それ故、この事件は戦後日本のアプレ犯罪のはしりと言われている。

画像
光クラブの社長室。山崎はこの机で自殺した。


ホーム

inserted by FC2 system