栗田源蔵・連続8人殺害事件


−経緯−
昭和27年1月13日の夜、千葉県検見川町(現、千葉市)の民家に泥棒がはいり、同家の主婦・鈴木いわさん(当時63歳)と義理の姪・きみさん(当時24歳)が殺害された。さらに、犯人はきみさんを死姦し逃走した。国警千葉本部の現場検証の結果、指紋の押収に成功。この指紋が決定的となり同町の妹夫婦宅で居候をしている秋田県新成村出生の栗田源蔵(当時26歳)を逮捕した。捜査本部は、栗田を同事件で起訴する一方、類似事件の事情聴取を行った。

この類似事件とは、前年の昭和26年8月8日夜、栃木県小山町(現、小山市)の増山宅で乳児を寝かしつけていた妻の文子さん(当時24歳)を絞殺。死姦した後、タンスから衣類などを盗んで逃走した事件。

もう一つは、その二ヵ月後の10月10日夜、千葉県小湊町(現、天津小湊町)の興津駅の待合室で主婦の小林ふゆのさん(当時29歳)が長男(当時5歳)、長女(当時7歳)、次女(当時2歳)を連れ立っているところを「家まで送ってあげる」と栗田が声をかけた。しばらく歩くと『おせんころがし』と呼ばれる海に面した断崖絶壁の場所にさしかかった。ここで栗田は本性を現し、ふゆのさんに乱暴しようとした。驚いた長男が大声を出すと近くにあった石で長男を殴打し海に突き落とした。続いて長女、次女も海に突き落とした後、ふゆのさんに強姦。その後、絞殺して同じく海に突き落とした事件。幸いにも長女だけは、崖の途中にひっかかり一命を取り留めた。この「おせんころがし」の由来は、昔金亡者の父を戒めようと娘のおせんが身を投じた場所と言われ、荒れた海に身を投じると助かる確率はまず無いと言う。

栗田はこの2件の関与を否定。特に「おせんころがし事件」の日は秋田県下で窃盗をはたらいていたと主張した。捜査本部が調べた結果、実際に地元署では栗田を指名手配しており「アリバイがあるように見えた」。
この2件の類似事件とは別に、昭和27年8月13日千葉地裁は検見川の殺人事件に関して死刑判決を栗田に言い渡した。

−二度目の死刑判決−
千葉地裁で死刑判決が出た2ヶ月後の10月に国警栃木本部と小山地区警察の捜査官が収監されている東京拘置所の栗田を訪ねる。改めて小山の文子さん殺害に関して追及。その結果、12月27日までに自供を得る事に成功した。
さらに「おせんころがし事件」でも秋田県下で実際に窃盗したのは知人で、それを聞きつけた栗田が身代わりを約束し、自から犯人になることでアリバイを作っていたことが判明した。栗田はその後、おせんころがし事件も認めた。

この取調べ中、さらに昭和23年2月に二人の女性を殺害していたことも自供した。この女性は村井はつさん(当時17歳)と鈴木芳子さん(当時20歳)で、村井さんと鈴木さんは友人であった。栗田は両方に結婚の約束をしていた。やがて邪魔になった鈴木さんを殺害して静岡県原町(現、沼津市)の海岸に埋めた。村井さんは鈴木さんが失踪したことや嫉妬から、彼女の所在を栗田に聞いた。栗田は「芳子を殺した」と口を滑らせた。焦った栗田は村井さんも絞殺し同じ海岸に埋めたことが判明した。これで栗田は8人の殺害を全て自供した。戦後稀代の殺人鬼である。

宇都宮地裁は、検見川殺人事件以外の3件6人殺しで昭和28年12月21日に二度目の「死刑判決」を言い渡した。昭和29年10月21日栗田は「はやく楽になりたい」と控訴を取り下げ「死刑」を確定させた。

ところが、栗田は「死を受け入れることができなかった」。このため、何度も再審請求の手続きを行う。筋肉隆々で狂暴な栗田は同囚はもとより看守も震え上がったほどの傍若無人な獄中生活を送っていたが、やがて死刑設備がある宮城刑務所に移送されてからは一気に意気消沈。昭和34年10月14日死刑執行。32歳であった。


ホーム

inserted by FC2 system