夕張・保険金放火6人殺人事件


−経緯−
昭和59年5月5日午後10時50分頃、北海道夕張市の炭鉱下請け会社「日高工業」の作業員宿舎から出火。焼け跡から従業員の佐藤忠勝さん(当時57歳)ら同従業員の子供を含む6人が焼死体で発見された。二階から飛び降りて重傷を負った石川清(当時24歳)は一命をとりとめた。また、消火活動で消防士1人が事故で死亡した。

夕張署と夕張消防署の合同捜査は、「当日、石川の入寮を祝う会があってジンギスカン鍋を囲んでいた。この火元の不始末で出火したもの」と断定した。この結果、同社社長の日高安政(当時41歳)と妻の信子(当時38歳)は火災保険と従業員に掛けていた生命保険合わせて1億3800万円を手にすることとなった。

しかし、7月18日入院治療中の石川が突然失踪し、翌月の8月15日夕張署に「火事のことで話がしたい」と電話連絡があった。早速、夕張署は石川に対して事情聴取したが、その供述によると「日高夫婦は保険金目的で放火を計画した。実行犯として自分が消されるのが怖くて名乗り出た」というものだった。この告発で夕張署は俄然緊張が走った。8月19日夕張署は日高安政と信子を放火・殺人・詐欺の疑いで逮捕した。

日高夫婦に対する事情聴取で「夕張はダメだ(炭鉱の仕事は将来が無い)。札幌にデートクラブでもつくるか」と作業員宿舎の放火を計画したと供述した。日高は従業員の石川に500万円を渡す約束で放火を依頼。5月5日、石川は皆が就寝したのを確認して一階の食堂に火を点けた。この時、日高夫婦はアリバイを作るため近くの飲食店で飲食していたのだった。

−バブリーな夫婦のてん末−
日高安政は北海道様似町で7人兄弟の6番目として出生。母子家庭で生活は苦しく、兄達の影響で小学生の時から窃盗を繰り返した。17歳で暴力団の世界に踏み入れる。その後、結婚して一児をもうけるが離婚。昭和47年、バーに勤めていた信子と出会い結婚。

信子は夕張市で炭鉱員を父に7人兄弟の四女として出生。高校を卒業後、美容師になるため上京。一年後夕張に戻った信子は暴力団の男と結婚。一児をもうけたが夫が癌で死亡。市内のバー勤務しているとき日高と知り合い互いに連れ子と一緒に再婚した。

昭和45年頃、炭鉱員の斡旋会社「日高工業」を設立した。会社設立から11年後、二人にとって突然大金が転がり込んでくる。昭和56年10月16日、炭鉱内でガスが噴出。さらに火災となり93人の死者を出した「北炭夕張炭鉱大事故」である。この時、日高工業の炭鉱員7人も犠牲となり保険金1億3000万円が日高夫婦のもとに入ってきた。

この時期、日高は覚せい剤事件で服役していたが半年後出所。それからの日高夫婦は日高御殿と呼ばれる白亜の豪邸を新築。信子にはスナックの全面改装。自分には高級外車のリンカーンを購入。子供達にはポニーを買い与え、海外旅行で豪遊と湯水のごとく使い果たした。あっという間に底をつき気付いた時は借金だけが残っていた。そこで、夢をもう一度と企てたのが作業員宿舎への放火だった。この時に手にした保険金1億3800万円も逮捕されるまでの1ヶ月間で1億円を使い果たしていた。

昭和62年3月4日、札幌地裁は実行犯の石川に無期懲役の判決を言い渡した。同月9日、同じく札幌地裁は日高夫婦に死刑判決を言い渡した。昭和63年10月11日、被告側が控訴を取り下げて日高夫婦の死刑と石川の無期懲役が確定した。というのは、この頃昭和天皇の危篤が続いており崩御に伴う大喪の礼や新天皇の即位の礼での恩赦は「確定死刑囚」も含まれるという情報があり、日高夫婦はこの情報に賭けたのである。しかし、実際は何も無かった。

このため日高夫婦は平成8年5月10日、「死刑判決を受け精神的にも不安定で法律知識もないままに恩赦があると誤認した」として控訴審の再開を札幌高裁に申し立てたが、高裁は棄却。最高裁への特別抗告も棄却された。
平成9年8月1日、日高安政・信子の順番で死刑執行。結果において自らの命を縮めてしまった。


ホーム

inserted by FC2 system