池田小学校・乱入殺傷事件(宅間守事件)


−経緯−

平成13年6月8日午前10時15分頃、大阪府池田市の大阪教育大付属池田小学校に宅間守(当時37歳)が出刃包丁を持って乱入。2時間目の授業が終わった直後の教室を次々と襲い一年生の戸塚健太君(当時6歳)や二年生の猪坂真宥子ちゃん(当時7歳)ら8人を殺害。児童13人、教諭2人に重軽傷を負わせた。出刃包丁を持った宅間が教室や廊下に次々と現れて手当たり次第に殺傷していく姿は、児童のみならず大人でも阿鼻叫喚の地獄絵図だった。

出刃包丁を投げ出し「あ〜しんどい」と全身に返り血を浴びながら平然と呟く宅間を矢野克己副校長、河上洋介教諭が取り押さえ、学校からの通報で駆けつけた警察官に引き渡した。その後の供述で宅間は「捕まって死刑にして欲しかった」、「絶望的な苦しみを、できるだけ多くの家族に味わせてやりたかった」、「エリートの子供を狙えば、事件が大きくなると思った」と動機を語っている。

−宅間の生い立ち−
宅間は兵庫県伊丹市で昭和38年11月23日、父・タケシと母・チヨ(仮名)の間で次男として出生した。兄とは7歳違いの4人家族で普通の家庭に生まれ育った。宅間が小学校6年の時、大阪教育大付属池田中学校の受験を希望。だが、試験結果が悪く断念している。結局、地元の中学校を卒業し工業高校に入学したが、わずか40日で退学した。

その後、自衛隊に入隊するが「集団生活に馴染めない」として除隊(これは表向き。実は、家出娘と性交し警察の事情聴取を受けていたことが発覚。除隊させられていた)。その後、職を転々とするが、不動産会社で勤務していた時、家賃取立てに行った先で強姦事件を犯し懲役3年の実刑を受けている。

出所後、伊丹市の職員として小学校の雑用職につく。この小学校では教員に出したお茶に毒物が混入していたとして宅間が逮捕されるが、その後起訴猶予処分となっている。この間、宅間の転居は12年間で15回以上、結婚は4回にのぼった。

最初の結婚は、平成2年6月で宅間より18歳年上の大阪大学研究所の女性技官だった。だが、わずか3ヶ月間で離婚。二度目は、小学校時代の担任だった19歳年上の女性(この女性は、作家の小松左京氏の実妹)。三度目の結婚は二歳年上。最後の四度目の結婚で初めて年下の女性と結婚したが5ヵ月後に離婚。離婚の原因は全て宅間のウソが露見。さらに異常な暴力に耐え切れず女性から逃げ出した。宅間は逃げ出した女性を執拗に追いかけ、逆に女性からストーカ行為をしない見返りに数百万円、なかには1000万円の慰謝料を得ていた。

宅間は金が無くなると家に戻り金の無心を続けた。7歳上の兄は真面目に育ちコツコツと貯めた金で新車(アウディ)を購入。「サラリーマンが外車に乗るな!生意気だ」と角材で車をボコボコにして廃車同様にする。

宅間の犯行は家庭や社会に対して極悪非道の限りを尽くしたといっても過言ではない。傷害・恐喝・放火未遂・詐欺・動物虐待などとても短時間では説明しきれない。思い悩んだ母親は、精神異常をきたして入院。兄は自殺で死亡している。

犯行前には「あほらしい。大量殺人を起こせば離婚した妻や、不仲の父親を後悔させるとこができる」と池田小学校に乱入、殺害に至ったのであった。宅間はこれだけの大事件を起こしても反省どころか、こうなったのは全て社会や家族のせいだと供述している。宅間の17歳の時の日記に「人より大きな希望を描くが努力はしない」と記されていた。戦後事件史の中でも稀代な犯罪者である。まったく罪の無い児童や児童の家族を思うとやり切れない事件であった。

平成15年8月29日、大阪地裁は宅間に「死刑」を言い渡した。弁護側は控訴したが、その一ヵ月後、宅間本人が控訴を取り消して死刑が確定した。平成16年9月14日、大阪拘置所で死刑執行(享年40歳)。最後まで遺族への謝罪は無かった。


画像

inserted by FC2 system