仁保事件


−経緯−
昭和29年10月26日朝、山口県吉敷郡大内村仁保(現・山口市仁保下郷)の農業・山根方で主人の保さん(当時49歳)と妻(当時42歳)、母(当時77歳)、三男(当時15歳)、四男(当時13歳)、五男(当時11歳)の6人が布団の中で死亡しているのを隣家の主婦が発見した。捜査本部は、頭部を鍬(くわ)で割り、頚動脈を切り心臓を刺すという執拗な殺害方法から怨恨をもつ犯行と断定。一家の知人や交際関係を徹底的に調査した。

その結果、二ヶ月後に第一発見者で隣家の主婦の夫(当時37歳)を逮捕したが、23日間の拘留期間中に確たる証拠も自白も得られず釈放せざるを得なかった。そして、捜査が難航するに連れ、捜査本部は怨恨説から強盗説にシフトしていった。

捜査本部は、地元の素行不良者や前科者約200人に対して調査を行った。そして、事件から1年後の昭和30年10月19日、大阪・天王寺でホームレス生活をしている岡部保(当時37歳)を別件(窃盗未遂)で逮捕した。

岡部は以前、仁保の雑貨商に侵入し家人に発見されて何も盗らずに逃げだしたことがあった。その後、5年前に仁保を出奔したまま行方不明になっていた。捜査本部は仁保から出奔した岡部をリストアップし「窃盗未遂」で全国指名手配という異例の方法で岡部を逮捕したのだった。

−強要と冤罪−
捜査本部は、岡部に対して本来の逮捕である「窃盗未遂」に関する取調べは殆ど行わず、「一家6人殺害」に関して執拗な取り調べを行った。警察の留置場で4ヶ月間にわたって拘留し『自供を求めて過酷な取り調べを』続けたのである。取調官のアメとムチで岡部は限界を感じて「犯行の自供」を行う。

昭和31年3月30日、強盗殺人で起訴された岡部は公判で「自供は強要されたもの」であるとして犯行を否認したが、昭和37年6月15日山口地裁は岡部に死刑判決。昭和43年2月14日広島高裁で控訴棄却。

弁護団は、犯行現場の血染めの足跡は最小限3人分あること、傷を分析すると鍬・出刃包丁の他にも凶器があることなど複数犯行説を立証。さらに自白のデッチ上げを主張し上告した。

昭和45年7月31日最高裁は「事実誤認の疑いがある」として広島高裁に差し戻し決定。昭和47年12月14日広島高裁は岡部に対して「無罪判決」を言い渡し17年間の獄中生活から解放された。
警察が、捜査に行き詰まると「冤罪」が増える方程式はここにもあった。


ホーム

inserted by FC2 system