井の頭公園・バラバラ殺人事件

注)猟奇的な内容が含まれ、気分を害することもあります。不要の場合は読まないで下さい。


−経緯−
平成6年4月23日、東京都三鷹市の井の頭公園で男性のバラバラ遺体が発見された。第一発見者は、公園の清掃員の女性でゴミ箱から半透明のビニール袋を取り出した際、生ゴミであれば猫の餌にしようと同僚の男性と袋を開けたところ、男性の足首が出てきた。警視庁捜査一課と三鷹署の捜査本部は現場を捜索。やがて同公園の池を中心にしたゴミ箱から27個の遺体の断片を発見した。いずれも半透明のビニール袋に入っていた。だが、遺体は手足と胸の一部だけで頭部と胴体の大部分は発見されなかった。このため、身元の確認は難航が予想されたが意外にも3日後に身元が判明した。

被害者は公園の近くに住む建築士・川村誠一さん(当時35歳)で、川村さんは21日の夜、会社の元同僚と新宿駅で別れたのを最後に行方不明になっていた。このため、川村さんの妻が捜索願いを三鷹署に届けていた。警察は遺体の指紋を照合し一致したため川村さんであることが確認された。通常、バラバラ殺人は怨恨など顔見知りの場合が殆どである。このため捜査本部は妻を始め会社関係、交友関係、近所などあらゆる角度で徹底的に調査したが手掛かりは掴めなかった。

−不可思議な遺体の断片−
バラバラ遺体が発見された4月23日、捜査本部は杏林大学病院の佐藤喜宣教授に司法解剖を依頼した。その結果、実に不可思議な事実が判明した。佐藤教授の説明によると、発見された遺体は両手足と右胸の一部分で、体全体の3分の1程度で20キログラムであったという。驚くのは、この遺体は全て定規で測ったように20センチで切断されていた。さらに太さも揃えられ、肉の厚い部分は筋肉を削ぐなどして均一に調整されていた。要するに27個の遺体は長さと内径が均一に切断されていたという。

過去のバラバラ殺人事件では必ずと言っていいほど関節部を中心に切断している。この方法が最も切断し易いからだ。ところが、川村さんの遺体は20センチの部分で全て切断されていた。さらに、完全に血を抜いており一滴も残っていなかった。血を完全に抜くのはある程度の医療知識が必要であるが、それよりも一般家庭の浴槽では間に合わないほどの大量の水が必要と言う。さらに犯人は、指先の指紋を剥ぎ取っていた(もっとも完全ではなく、残っていた一部分から指紋を検出し川村さんと断定するに至っている)。さらに生活反応は見られなかったため、例えば自動車事故などに巻き込まれたとは考えられなかった。

元同僚と新宿駅で別れて、井の頭公園で遺体が発見されるまでの34時間、川村さんの身に何が起こったのか?警察の懸命な捜査も虚しく、いまだに未解決事件となっている。現在は、捜査一課も手を引き、三鷹署が通常業務の中で細々と捜査をしている状況となっている。


ホーム

inserted by FC2 system