成田空港闘争・強制代執行


−経緯−

昭和46年9月16日、成田空港建設を巡る反対派と警察の攻防でついに犠牲者が出た。
政府の土地収用法に基づき第二次強制代執行を阻止するため建設反対の地元農民や全共闘、中核派など反対派約5000人と警察5300人が激突した。午前6時45分、機動隊は完全武装し強制代執行を開始した。反対派は火炎瓶、投石などで応酬。これに対して機動隊は催涙弾を打ち込み現場は戦場と化した。

午前7時、雑木と畑に囲まれた通称「東峰十字路」で反対派500人は、機動隊250人に対して襲撃。神奈川県警機動隊の小隊長(当時47歳)が火炎瓶を投下され全身火傷と殴打により死亡した。さらに部下の2人も病院で死亡。この闘争で3人が死亡し多数の反対派、機動隊が重軽傷を負った。


昭和53年5月20日、新東京国際空港(成田空港)は4000メートルの滑走路一本で暫定開港したが、これまでに反対派、警察、民間人併せて9人の犠牲者がでた。平成14年、ワールドカップ日韓開催に合わせて二本目の滑走路を完成させたが、反対派4軒の立退きができず本来の位置をずらしたため中型機しか利用できない2180メートルという中途半端な滑走路となった。

−誰が成田に決定したのか−
昭和37年11月21日、羽田国際空港の混雑解消のため新たに「第二空港建設構想」を運輸省航空局が発表した。この青写真は都心から100キロメートル内で羽田空港の7倍の面積に4000メートル級の滑走路2本を含む5本の滑走路を持つ最大級の国際空港を目指した。運輸省は前年の昭和36年に候補地の調査を実施し千葉県富里地区と茨城県霞ヶ関地区を候補に挙げていた。

昭和38年になって、政界の大物達が次々に候補地を口にし始めた。運輸大臣・綾部健太郎が「千葉県浦安沖埋め立て」を発表すると、政界に影響力が大きい建設大臣・河野一郎が「木更津沖埋め立て」を主張。以降、候補地論は政界・財界で激論が交わされる。

昭和40年7月、河野一郎が急死すると主導権は建設省から運輸省に移る。ここで、千葉県知事の友納武人が「千葉県の湾岸地帯は重工業を起こしたが北総台地は農業が主体の地域で発展に繋がる」と、自民党総裁であり首相の佐藤栄作に千葉県への新空港決定を請願している。その結果、昭和40年11月18日佐藤内閣は新空港を千葉県富里に内定した。

翌41年2月7日、富里への新空港建設反対派3000人は千葉県庁に押しかけ大乱闘となる。これで暗礁に乗り上げたと思われた矢先の同年6月22日、佐藤首相と友納知事の会談で「三里塚の御料地(皇室領地)と周辺の県有地を中心にして民有地にかかる面積を極力圧縮して建設」したいと発表。ここに富里撤回、新たに三里塚の候補地が急浮上した。

政府及び運輸省は、「富里は古くからの農業地帯で立退き戸数およそ1500戸に対して、三里塚は戦後の開拓農家が多く立ち退き戸数も数百戸で済む」という実に安易な発想から決定した。この三里塚案には、佐藤内閣を誕生させた自民党副総裁の川島正次郎と運輸省次官の若狭得治(後の全日空会長)及び友納千葉県知事の3者で決定し佐藤首相が承認したものだった。が、彼らはあくまで机上の論議で事を進め地元の農家には事前の話も協議も無く凡そ民意を全く考えたこともなかった。

この突然の決定に三里塚の農家や学生運動の全共闘らが激怒。反対運動を展開し前述の強制代執行の激突となる。それは現在まで続いており建設から40年かけて2本の滑走路という「世界一恥ずかしい国際空港」として営業している。

この間、羽田空港は東京湾を埋め立てて国内最大の空港になっている。平成12年12月、当時の運輸・建設大臣の扇千景が、「国際線は成田、国内線は羽田という原則は国民もおかしいと思っている」と発言。これでは、三里塚の反対派、強制執行した警察も浮かばれない。確かに成田空港は不便で(東京を基点として)、皇室・首相の外遊と来賓は羽田空港を利用している。政府自ら成田=不便を実証している訳だ。

地元及び利用する国民の不便などお構いなく、建設=利益ということだけに興味があった政治家・官僚・財界らが引き起こした「成田空港決定」に関して誰が犯人なのか?政府・官僚・千葉県の当事者はひたすら押し黙っている。

画像 画像
強制代執行で反対派の鉄塔が取り壊される 完成当時の成田空港

  


ホーム

inserted by FC2 system