鏡子ちゃん殺害事件


−経緯−
昭和29年4月19日午前11時50分頃、東京都文京区元町小学校内のトイレで同校1年生・細田鏡子ちゃん(当時7歳)が殺されているのを母親が発見した。担任の教師は、ニ時間目の授業から鏡子ちゃんが教室に居ないことに気付いていたが鏡子ちゃんの自宅は学校の目の前にあるため自宅に帰ったのだろうと勝手に判断していた。

買い物帰りの鏡子ちゃんの母親が学校に立ち寄った際、鏡子ちゃんが居ないため方々を捜したが見つからなかった。このため、学校では大騒ぎとなり教師や生徒が学校内を捜し始めた。

昼前になり、女子トイレの一つが内側から鍵がかかっているのを不審に思った教師が無理やりドアを開けた。そこに鏡子ちゃんは下着を口に詰め込まれ暴行された後、絞殺された無残な姿を発見した。

−捜査開始−
学校からの連絡を受けた警視庁捜査本部は、犯行現場の状況から《通りすがりの犯行》とみられ犯人検挙は難しいと思われた。が、捜査本部はトイレの土管を掘り起こし中からイニシャル入りのハンカチを発見した。これが決め手となり4月29日、警視庁捜査本部は坂巻脩吉(当時20歳)を、青果問屋を経営している父親に金を借りるため自宅に立ち寄った所を逮捕した。

坂巻は静岡県の国立療養所で結核療養中であったが、療養生活は不真面目で無断外泊や入院費滞納など問題患者であった。さらにヒロポンの中毒で性格は「全て投げやり」の無責任な男だった。

犯行当日は、友人に借金をするため訪問したが不在だった。ぶらぶらしているうちに尿意を覚え近くにあった小学校へ無断で侵入した。用を足しているとトイレに鏡子ちゃんが入ってくるのを見た坂巻は「ムラムラ」して乱暴、絞殺したことを認めた。
昭和31年10月25日、最高裁で坂巻の上告を破棄、死刑が確定した。昭和32年6月22日宮城刑務所で死刑執行(享年22歳)。


ホーム

inserted by FC2 system