甲山学園事件


−経緯−
昭和49年3月17日、兵庫県・西宮市の知恵遅れの子供達の施設「甲山(かぶとやま)学園」で、女子園児Aさん(当時12歳)が行方不明になった。二日後の19日は、男子園児B君(当時12歳)が同じく行方不明となった。
警察、同施設の職員らが行方を捜索した結果、男子園児が行方不明になった日の夜、二人とも園内のトイレ浄化槽から水死体で発見された。
警察は、二人の水死体が発見された浄化槽のマンホール(約17キログラム)が閉められており、事故ではなく殺人と断定。犯人の捜査を開始した。

警察は、外部から侵入した形跡は無いと断定し犯人は内部の者と判断した。そこで甲山学園の職員や園児らに取り調べを行う。学園内に「取調室」を設けて連日、職員のアリバイ(17日と19日)と動機を中心に取り調べを行う。この取り調べで、保母の山田悦子(当時22歳、旧姓沢崎)が嫌疑をかけられる。4月4日、園児のCさん(女児当時11歳)が、「山田先生がB君を連れて行くのを見た」という目撃証言がでた。更に、17日と19日は学園に居たこと。19日の犯行時間と思われる午後8時前後のアリバイが無いこと。園児の遺体が見つかった時と、葬儀の時に激しく泣いて取り乱したこと(演技)という理由から、4月7日、B君の殺害容疑で山田を逮捕した。

山田は、連日10時間の取り調べを受け、精神的・肉体的に限界がきていたところ、取調官から「父親は、悦子がやったとのではないかと疑っている」、「学園の職員たちも山田を疑っている」などと嘘を言って、犯行自供の強要をした。
4月17日、山田は「AちゃんB君をマンホールに落として殺したのは自分」であると自供した。
しかし、あまりにも供述内容が曖昧で辻褄が合わず、拘留期間限度の23日後、山田は「証拠不十分」として釈放された。

−警察のデッチあげ−
事件から4年後の昭和53年3月、警察は山田をB君の殺人罪で起訴。さらに、山田の逮捕は不当で人権侵害であるとして「国家賠償請求訴訟」で、山田のアリバイを証言した荒木園長、山田の同僚の多田が偽証罪で起訴された。
が、昭和60年10月、神戸地裁は検察側の主張を全て退けて、山田の無罪判決をだす(荒木園長、多田職員の偽証罪も無罪)。

しかし、執拗に食い下がる検察側は、大阪高裁に控訴。平成2年3月、大阪高裁は「一審判決は事実誤認」として神戸地裁に差し戻し決定をして、山田らの実質有罪判決が出る。平成10年3月、神戸地裁は再び、山田ら3人を無罪判決。二度の無罪判決に対して検察側は、二度目の控訴をするが、平成11年9月29日、大阪高裁は山田に対して無罪判決(偽証罪で起訴されていた荒木園長、多田職員は同年10月に無罪判決)。これで検察側は、最高裁への上告を断念し、ここに山田の無罪が確定した。
無罪獲得まで26年間を費やした。

−誰が犯人なのか−
事件から4年後の昭和53年に、警察は山田を再逮捕したことは前記した。この時、学園の園児5人の証言を逮捕の根拠とした。ところが、この5人の園児の証言は、裁判で多様な変遷を見せるのである(言い換えれば、検察側の都合が良い方向に)。

一例をあげるとすれば、園児のDさん(女、当時16歳)は、『おやつのチョコレートを食べながら歌番組を見ていた時、山田先生が、B君と一緒にいたのをみた』という証言は、最初の供述には「山田の目撃」は出てこない。その後「山田を見た」となり「B君の行方不明前に目撃した」となる。一ヵ月後、山田を目撃したのは「テレビの歌番組の時」になり、「チョコレートを食べている時に山田を目撃した」になる(夜8時になると、宿直職員が年長児にチョコレートを配ることを日課としていた)。このように、時間の特定が形成されていくのだ。しかも、記憶から遠ざかる程、目撃証言が具体的になっていく。

−思わぬ展開−
園児のDさんは、事件の発端となった「女子園児Aさんの行方不明から浄化槽の中で水死体で発見された」経緯を、取り調べ官に話し出したのである。そして、昭和55年5月の法廷で、その証言の内容はほぼ確定した。その内容とは、『おやつの後、私(Dさん)とAさんB君、E君、Fさんの5人で浄化槽の近くで遊んでいた。マンホールの蓋は私が開けた。ちょっと蓋を開け、それから横の方に動かして全部開けた。私が、Aさんの手を引っ張ったら落ちた。足から落ちた。中の水が上にちょっと飛んできた。しっこ、汚いものが入っている。Aさんは中でバタバタと動いていた。髪の毛と服がちょっと見えた。マンホールの蓋は私が閉めた。その場に山田先生はいなかった』
この供述は、重い蓋の開け方や汚水の飛散の様子が具体的で、自分が体験しなければ、このような描写はできない。

いずれにせよ、Aさんの死亡が転落事故であることが判明した。この浄化槽の周辺では、園児が良く遊んでいたという。とすれば、B君も転落事故だったのだろうか?真実は謎に包まれたままである。

画像
甲山学園(青葉寮)の概略見取り図


ホーム

inserted by FC2 system