臨月妻・猟奇殺人事件

注)猟奇的な内容が含まれ、気分を害することもあります。不要の場合は読まないで下さい。


−経緯−

昭和63年3月18日午後7時40分頃、愛知県・名古屋市内のマンションから妻が殺害されたと119番通報があった。
通報したのは、同マンションに住む会社員・守谷遼司さん(仮名・当時31歳)で、遼司さんの妻・美津子さん(当時27歳)は自宅の居間でコタツの電気コードで絞殺されていた。

美津子さんは出産予定日から5日間経過していたため、心配した遼司さんは会社から急ぎ足で帰宅した。ドアには鍵がかかっていなかった。部屋も暗く洗濯物も取り込んでいなかったため不安を感じながらコタツの部屋に入った途端、美津子さんがコタツ横で絞殺されているのを発見した。更に、腹にはカッターナイフで切り裂かれ子宮も約10センチ以上も切り開かれていた。その横で、か細い泣き声を出している胎児を発見した。幸いにも、胎児に異常は無く無事だったが、美津子さんは即死だった。

−猟奇殺人−

妻の死体を発見した後、遼司さんは119番通報をするため自宅の電話がある玄関に向かったが、あるはずの電話機が無かった。そこでマンションの階下に行き隣人の部屋から119番通報したのだった。

警察の現場検証で、この電話機は美津子さんの子宮の中に入っていた。更に車の鍵が付いたミッキーマウスのキーホルダが発見された。

臨月の腹を切り裂き胎児を取り出したこと、子宮に電話機などを入れたという猟奇殺人事件に大きな衝撃が走った。腹をカッター状の刃物で綺麗に一直線(上下)で切開されていたため当初は医大生や病院関係者が疑われた。

ところが、帝王切開の場合、肉厚が均一で縫合のやり易い方法として腹に対して横方向にメスを入れる。さらに、仮に上下に切開するとしても通常腹の上部(ヘソ)から子宮に向かって斬るところ、犯人はその反対、即ち子宮からヘソに向かって斬っている。このことによっても医療関係者の線は無くなった。

−捜査−

警察の捜査で犯行当日の午後2時前から3時頃まで美津子さん宅に知人の主婦が子供連れで訪問していたことが判明した。美津子さんの司法解剖でも死亡推定時刻は午後3時過ぎとされた。このため知人の主婦が帰った直後に犯行があったと推定された。

捜査本部は、この時間帯に不審な人物がマンション及び周辺に居なかったか調査した結果、遼司さんが電話を借りた階下宅の主婦が、3時過ぎ、ドアのノブをガチャガチャ回す音がした。その直後チャイムが鳴ったためドアを半開きに開けたところ30歳過ぎのサラリーマン風の男が「ナカムラさんのお宅を知りませんか」と聞いたと言う。この主婦は怖くなり「知りません」と答えてドアを閉めたという証言を得た。

またマンションの駐車場で同じく30歳過ぎの不審な男がうろついているのを近所の人が目撃している。警察は、この不審人物の行方を捜索したが手掛かりは掴めなかった。また、守谷夫妻への怨恨の線もあるとして捜査したが同様に手掛かりは掴めず平成15年3月18日時効が成立した。


ホーム

inserted by FC2 system